RSS

Memo01

日本で働く外国人

厚労省によると、日本で働く外国人は2016年10月末現在で約108万人。3年前から1.5倍に増えた。日系ブラジル人や日本人の配偶者などが約38%、アルバイトの留学生らが約22%、技能実習生が約20%、専門的・技術的分野の在留資格が約19%だ。国籍は、中国(約32%)、ベトナム(約16%)、フィリピン(約12%)、ブラジル(約10%)が多い。


留学生はアルバイトが週28時間まで認められ、近年はベトナムやネパールから急増。日本語学校の学費に加え、母国の仲介業者に多額の手数料を払っている場合が多く、借金の返済に追われて、アルバイト漬けになる問題が起きている。


一方、政府は12年に「高度人材ポイント制」を始め、学歴や収入の高い「高度人材」の呼び込みに取り組んでいる。





この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示