RSS

Memo03

温暖化の現状


世界各地で台風や洪水、熱波などの気象災害が相次いでいる。世界気象機関(WMO)の専門家チームは、米国南部を襲ったハリケーン「ハービー」について「温暖化が影響した可能性がある」という見解を発表した。個々の異常気象と温暖化を結びつけることに慎重な科学者も、無視できないほどになっている。


地球の平均気温は昨年、3年連続で過去最高を記録。温暖化の主な原因である温室効果ガスの65%は、化石燃料の燃焼によるCO2で、石炭はこのうち最も大きい4割を占めている。産業革命前と比べ、平均気温は約1度、海面は約20センチ上昇した。現在も毎年約2ppmずつ増えている。

 

パリ協定での合意どおり、気温上昇を産業革命前から2度未満にするには、2050年までに排出を4~7割減らし、今世紀末までにゼロか、マイナスにする必要がある。


(文中敬称略)

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示