RSS

Memo03

クオリー


Quality Adjusted Life Year(質調整生存年)の略。薬の効果は、薬の服用で延びた余命の長さだけではなく、生活の質も考慮するべき、という考えに基づく。「1QALY」は「完全な健康状態で1年間余命が延びる」ことを示す。


NICEは、従来薬と比較して新薬のコスト増が「1QALYあたり2万〜3万ポンド(約280万〜420万円)以内」であることを、公的医療での推奨条件とする。ただし、末期がんなど余命が限られた患者の終末期医療は「5万ポンド(約700万円)」まで緩めており、オプジーボはこのケースに該当。



この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示