RSS

Memo01

オプジーボ

小野薬品工業とBMSが共同開発したバイオ医薬品。がん細胞の表面にあるPD-L1というたんぱく質は、人体の免疫細胞のたんぱく質PD-1と結びつき、免疫細胞の攻撃を防いでいる。オプジーボはがん細胞のPD-L1よりも先に免疫細胞のPD-1と結びつき、免疫細胞ががん細胞を攻撃できるようにする。肺がんの場合、投与した患者の約2割に効果があるとされる。





この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示