RSS

Memo01

復興交付金




被災自治体が宅地や市街地を整備するのに使える。対象は防災集団移転や土地区画整理、復興公営住宅、道路、下水道、学校整備といった国土交通、文部科学など5省の所管する計40事業。自治体が申請し、復興庁が妥当性や規模をチェックする。認められれば15年度分までは国が全額負担する。国が用意する計32兆円の復興予算の一部で、15年末までに13回、計3兆4335億円分が認められた。









この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示