RSS

Memo01

着物とは?





学習院女子大学名誉教授で日本服飾史を研究する増田美子は、着物の主な特徴として、「上下一続きの長着を前開きで重ね合わせる」「帯で締める」「袖口は小さい」などを挙げる。広い意味で浴衣を含む。オックスフォード英語辞典をみると、「長くゆったりとして幅広の袖がある日本伝統のローブ。帯で締める」とあった。


はんてんや法被(はっぴ)、甚平(じんべい)、作務衣(さむえ)、もんぺ、はかまなども和服(和装)だ。呉服という言葉もある。もともとは古代中国の呉と呼ばれた地域から伝わった織物を指したが、後に和服用の織物(反物)を表すようになったとの説がある。着物には、洋服に対する和服全般という意味もある。


(文中敬称略)










この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示