RSS

Memo01

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

ビールの始まり






ビールの発祥には諸説あるが、紀元前3500年ごろ、メソポタミア文明が栄えた現在のイラク周辺でビールが醸造されていたという記録がある。紀元前2400年ごろの古代エジプトの貴族の墓の壁には、パンからつくる当時のビールの製法が描かれていた。紀元前1700年ごろには各地に醸造所や酒場もできていて、バビロニアの「ハムラビ法典」には「酒を少なく注いだり薄めたりしたら、主人は水中に投げ込まれる」との罰則があった。












朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

Editor’s Note 編集長から