RSS

100歳までの人生設計

[Part1]ヒトの寿命、本来は何歳? 小林武彦・東大教授に聞いた


1963年時点で153人だった日本の100歳以上人口は、54年後の2017年には6万7824人に増えた。ヒトはどこまで長生きできるのか。『寿命はなぜ決まっているのか 長生き遺伝子のヒミツ』の著書がある東京大学教授の小林武彦に聞いた。




16年、米国の研究チームが「人類の年齢の限界は115歳」という論文を科学雑誌「ネイチャー」に発表しました。これまでの人間の最高齢記録を分析したところ、1960年ごろには110歳前後に、90年ごろには115歳前後に伸びましたが、それ以降は伸びが鈍化している。記録上、最も長生きしたのは97年に122歳で亡くなったフランス人ジャンヌ・カルマンさんですが、この人は例外中の例外らしい。日本でもこれまでに115歳を超えた人は10人もいない。このあたりが生理的限界、という説には説得力があります。


だけど、私は「遺伝的に定められた人間の寿命」はずっと短く、55歳程度ではないか、と考えています。この年齢あたりから、癌で死ぬ人の数が急増するからです。癌は、細胞分裂時にDNAの複製エラーが生じることで発生します。人体にはエラーを防ぐさまざまな仕組みや、癌化した細胞を排除する免疫システムが備わっていますが、年齢を重ねるにつれて複製エラーの確率は高まり、免疫系は衰える。結果、癌を防ぎきれなくなるわけです。


人間が他の動物と比べて長生きするようになった理由として「おばあちゃん仮説」という理論があります。人間の子育てには大変な手間がかかる。子供が産めなくなった後も長生きして今度は孫の世話をすれば、より多くの子孫を残すことができ、人類全体にとっても有利。だからヒトは長生きに進化した、というわけです。


とはいえ、それで伸びた寿命も55歳ぐらいまで。ひいおばあちゃんになるまで長生きしても、それほど子育てに役立つとは思えませんから。


55歳以降の人生は、公衆衛生や栄養状態の劇的改善、医学の発展という「文明がもたらした生」と言えます。人によっては50年にも及ぶ、この「新たな生」をどう生きるか。人類史上未曽有のことなので、容易に答えは出せません。


従来の社会で高齢者に求められたのは経験に基づく「見識」でした。年と共に脳の細胞数は減少しますが、これは決してマイナス要因ではなく、余分な細胞が整理されて脳の回路が洗練され、短時間で的確な判断を下せることを意味します。だけど、これからは見識だけではなく、実質的な「貢献」も求められます。少子高齢化が進めば、世代の新陳代謝の速度が鈍り、「種としての人類」の脆弱化につながりかねない。孫だけではなく、幅広い次世代育成のために高齢者に何ができるか。真剣に考える時が来ています。


(聞き手・太田啓之)


小林武彦

こばやし・たけひこ 1963年生まれ。専門は分子遺伝学、ゲノム再生学、分子生物学。日本遺伝学会会長。著書に『DNAの98%は謎』など。


「公的年金、どこまであてにできる?」に続く)



この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示