RSS

未来をあきらめない

[Part1]危機感を出発点に/国谷裕子


「我々は、地球を破壊から守ることを決意する」。2015年9月、この強いメッセージが発せられた。国連の全加盟国によって採択された「持続可能な開発目標(SDGs)アジェンダ2030」だ。同じ年の12月、今世紀末までの気温上昇を産業革命前と比べ2度未満に抑えることを目指す「パリ協定」も締結された。この二つの世界的な合意は今後の企業のあり方や私たちの暮らしのあり方など、あらゆる分野で変革を迫る。2015年は将来、人類にとって最も重要な年として記憶されることになるかも知れない。


SDGsとパリ協定の背景には、今のままでは地球も社会も経済も立ちゆかなくなるという強い危機感がある。ありとあらゆる資源を使い、大量生産と大量消費、そして温室効果ガスの大量排出を含む大量廃棄を続けることで豊かさを求めてきた人類は、いまや地球を作り替えるほどの力を持つようになってしまった。その力は、地球が持つ再生能力を破壊しつつある。次々に発せられる地球からの悲鳴が「地球には限界がある」という、忘れかけていた事実を私たちに気づかせたのだ。


アメリカ海洋大気局が発表する地球の陸と海面の平均温度は、このところ毎月のように20世紀平均と比べて0.8度あまり高い。猛暑も、巨大なハリケーンも、豪雨も、地球からの警告と見られている。16年には2400万人以上が自然災害によって住んでいた場所からの移動を余儀なくされた。加速度的に進む土壌の劣化、淡水の不足、海洋の酸性化、生物多様性の喪失。国連副事務総長のアミーナ・モハメッドは2年前、こう私に語った。「地球は私たち人間なしでも存続できますが、私たちは地球なしでは存続できません。先に消えるのは私たちなのです」


さらに世界がグローバル化するなか、経済成長の恩恵を受けられない人々が増えて格差が広がった。社会の分断が進み、これまで築かれてきた社会制度や経済制度への信頼が揺らいで世界は不安定化している。これに対して、SDGsは「誰も置き去りにしない」と宣言する。


30年にどのような世界を迎えようとしているのか。17分野の目標と169のターゲットからなる野心的な羅針盤を手にして、いま私たちは岐路に立つ。「我々は、地球を救う機会を持つ最後の世代になるかもしれない」(アジェンダ2030)


採択から2年、まだSDGsの大きなうねりは起きていない。しかし、いま世界では、SDGsの視点で現実を見つめ、変革へ向けた新たなチャレンジが始まっている。


(文中敬称略)

「アジアから押し寄せるプラスチックごみ」に続く)




この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示