RSS

記録の力

[Part1]民主主義の神殿、記録の覇権

沖縄占領に関する天皇の見解をまとめた1947年の文書。NARAで閲覧してみた
photo:Takahashi Yukari

記録大国といえば米国だ。その総本山とも言える国立公文書館(NARA)は、ワシントンDC周辺の主要3施設だけで100億枚の文書、5000万枚の写真、30万本の映像フィルムなどを所蔵する。米国だけでなく、米国が関わった各国の記録も膨大にあり、世界の研究者らを引きつける。


本館の中心部にある円形ドームを戴くホールに展示されているのが「自由の憲章」と呼ばれる米国の最重要3文書(合衆国憲法、独立宣言書、権利章典)の原本だ。ホールは神殿をイメージして建築されたもので、厳かな雰囲気に包まれている。NARAや連邦捜査局(FBI)に長年アーキビストとして勤めたマイケル・ミラー(70)は「私たちの国は書かれた文書から始まり、文書が歴史となってきた」と言う。


文書管理を担当する現役アーキビストのジュリエット・アライ(46)は「米国民は政府が何をしているのか知る権利がある。だから最も大切なのは、人びとが記録にたどり着けること。私たちアーキビストは記録を解釈せず、あるがままに国民に伝える役割を負っている」と説明した。


過去は物語の始まりである

過去に学べ

過去の遺産は未来の実りを生む種である

絶え間ない監視は自由の代償である


本館前に並ぶ4体の大きな彫像の台座に刻まれた言葉だ。歴史を未来に生かすために記録し、その記録に誰もがアクセスできることが民主主義を支える──実に明快だ。


だが、どうやってそれを実践するかが問題だ。現実の運用はどうなっているのだろう。


NARAは正式名称を国立公文書館記録管理庁(National Archives and Records

Administration)という。後半の「記録管理庁」の機能が実は重要だ。


米国では、連邦機関によって作られたり、やりとりされたりした情報のなかで保存すべきものを「記録」と定義する。電子データも含まれる。その管理は大統領記録・連邦記録法に定められているが、特徴は、省庁などの各機関の管理下にある記録についても、処分や永久保存などを決める権限と最終責任はNARAの長である「合衆国アーキビスト」にあるという点だ。各機関は記録管理に責任を持つ上級職員を置かなければならず、NARAにも各機関を指導、監督する部署がありアーキビストらが控えている。


「絶え間ない監視は自由の代償である」と台座に彫られたNARA前の彫像
photo:Takahashi Yukari

記録をめぐる日本政府の最近の対応を念頭に、記録の保存期間や開示の恣意(しい)的な判断は米国でも起こるかと尋ねると、アライは「記録は国民のもの。漏れのないように各機関とNARAは連絡を密に取り合っている。基本的に公務員と我々の間には信頼関係がある」と自信をのぞかせた。

…続きを読む

この記事の続きをお読みいただくためには、購読手続きが必要です。
GLOBE総合ガイド
  • ログインする
  • ご購読申し込み

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル(フルプラン)」を購読済みの方は、ご利用のログインID・パスワードでGLOBEデジタル版の全てのコンテンツをお楽しみいただけます。「ログイン」へお進みください。
朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示