RSS

アトピーと生きる

[Part1]アトピー、先進国だけでなく新興国でも

illustration:Nagasaki Kuniko

目を覚ますと、ベッドのシーツに一滴の血が付いていた。寝ている間にかきむしったのだろう。腕の周りには、ひっかき傷が所々にできていた。


「またやってしまった」。心の中でつぶやき、ため息をついた。


6月上旬。私は出張でシンガポールのホテルにいた。


深夜まで仕事が続き、知らぬ間に疲れやストレスがたまっていたのかもしれない。エアコンをつけたまま眠りに落ち、部屋が乾燥したのも失敗だった。少し多めにチップを残し、部屋をあとにした。

illustration:Nagasaki Kuniko

私は生後2カ月でアトピー性皮膚炎を発症した。かゆみで眠ることができず、肌の赤みやカサカサが目立つのは、案外しんどいものだ。


記憶はないが、幼少のころは炎症やかくのを抑えるために包帯で体をぐるぐる巻きにされ、「ミイラみたい」だったらしい。医者から「ひどくなるから、かかないで」と言われて我慢すると、ストレスがたまって余計にかきたくなった。


小学校に入ると、肌を人前でさらすのが嫌になった。「アトピー星人」とからかわれ、炎症がひどい腕の部分を隠そうと、半袖の体操着の袖を伸ばしたり、「前へならえ」で腕をわざと曲げてみたり。ほとんど無駄な抵抗だったと思うけど……。

illustration:Nagasaki Kuniko

アトピーは簡単に言うと、肌がかゆくてかきむしってしまう病気だ〈memo1参照〉。「アトピー性皮膚炎治療ガイドライン2008」によると、生後4カ月から6歳では12%前後が、20~30代でも9%前後が苦しんでいる。親や家族も患っている場合が多い。


アトピーを含め食物アレルギーや花粉症などといったアレルギーに悩むのは、今や日本の人口のほぼ2人に1人。アトピーを患っていなくても、アレルギーなら他人事とは思えない人が多いはずだ。


アレルギーは「文明病」ともいわれる。アトピーの原因の一つである乾燥の変化からみても、それは分かる。


気象庁によると、1876年の東京の平均湿度は78%だったが、2000年代は60%前後が多い。


国立成育医療研究センターのアレルギー科医長、大矢幸弘(60)は言う。「急激な都市化で緑が減り、道路が舗装されてビルが立ち並ぶと、空気が乾燥する。それもアトピーの発症者が増えている理由の一つ。経済発展の代償のような病気です」


アレルギーのなかでもアトピーは文明化の影響を最も大きく受けているのではないか──。だとすれば、現代に生きる自分が深く探る必要があるのでは──。


そんな大それた思いを巡らせる私に、大矢が興味深いことを教えてくれた。


「アトピーは先進国病ではなく、新興国や発展途上国でも起きているんですよ」


こんなデータがあった。各国の医師や研究者が2000年代初めに有病率を調べたところ、13~14歳の子どものうち、エチオピアで19%、モロッコで23%、チリで22%と、先進国と比べても高かった〈下の表〉。


新興国で何が起こっているのだろう? フィリピンに飛んだ。


(石原孝)

(文中敬称略)



「経済発展、増えるアトピー患者」に続く)


いしはら・たかし

1981年生まれ。大阪社会部などを経て現職。この特集が載った後、南アフリカのヨハネスブルク支局長として赴任する。かの地では肌の調子はどうなるだろうか。


この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示