RSS

太平洋波高し

[Part2]島の首相引っ張りだこ、日本のビジョンは


太平洋への関心が高まる中で、各国が島国支援の会議を開くようになり、いまや島の首脳たちは引っ張りだこだ。


こうした会議の先駆けが、日本の「太平洋・島サミット」だ。1997年から3年に1度、各国の首脳を日本に招いており、来年5月には福島で開く。


日本の太平洋研究の第一人者である小林泉・大阪学院大教授(国際政治学)は「先んじて始めた意義は大きかったが、中国が着々と地固めをする中で、日本はもう一つ存在感を発揮しきれずにいる」と話す。


象徴的だったのが、2006年の第4回島サミットだ。開催を目前に控えて、中国がフィジーで「中国版・島サミット」を開くことが判明。「島サミットつぶしだ」と関係者が戦々恐々とするなか、中国は3年間で430億円の支援を発表。宣言文に支援額を盛り込んでこなかった日本は急きょ、ほぼ同額の支援を宣言文に盛り込み、その後も慣例になったという。小林は「援助の分配会議になっては困る」と指摘する。


いまではフランスや台湾、ロシア、韓国も似たような「島サミット」を開く。「気候変動の象徴的地域となったこと、さらに中国の世界的膨張が太平洋にも及んだことで、辺境だった島国の国際的地位が一気に上がった。太平洋のリーダーは、自国にとって効果的な相手を選ぼうとしたたかに動いている。日本は右往左往せず、島国とともにどんな太平洋社会を構築していきたいのか。しっかりとビジョンを伝えていくべきだ」と小林は話す。


(市川美亜子)

(文中敬称略)

「中国の海洋進出、戦略が場当たりか」に続く)


…続きを読む

この記事の続きをお読みいただくためには、購読手続きが必要です。
GLOBE総合ガイド
  • ログインする
  • ご購読申し込み

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル(フルプラン)」を購読済みの方は、ご利用のログインID・パスワードでGLOBEデジタル版の全てのコンテンツをお楽しみいただけます。「ログイン」へお進みください。
朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示