RSS

なぜ幼児教育か

[Part2]「3歳児神話」、ウソ?ホント? 






「3歳児神話」という言葉がある。「3歳になるまでは母親が子育てをするべきだ」「脳の8割が出来上がる3歳までの環境が将来を決める」。保育者と脳にまつわる2種類の「神話」だ。本当のところ、どうなのか。


3歳までは母親が子育てをという「神話」は、1998年の厚生白書が「母親が育児に専念することは歴史的に見て普遍的なものでもないし、たいていの育児は父親(男性)によっても遂行可能」とした。そのうえで「合理的な根拠は認められない」と退けている。


脳の発達に絡む「神話」は、早期英才教育の必要論の根拠となっている。しかし、その教育効果といえば、疑わしい。


東京大学教授で発達認知神経科学が専門の開一夫は「例えば早期教育用の学習教材で、その効果を科学的に証明したものはありません。消費者のニーズがあるだけです。スポーツや音楽の才能もすべての子どもがプロになれるほど伸びるわけではない」と語る。


では、この時期が大切ではないのかと問われれば、違う。極めて大事だ。


乳幼児期は、特定の保育者との親密な関係が必要だ。それが失われた劣悪な環境で育った孤児に、その後、さまざまな障害が生じたとの研究がある。別の報告によると、ネグレクト(育児放棄)を受けた子どもの脳は、受けなかった子どもより小さかった。




語りかけることの大切さ

ダナ・サスキンド
photo:Nakamura Yutaka

脳が発達する過程では、神経回路の組み替えが行われる「臨界期(感受性期)」といわれる時期があることが知られる。例えば、生後間もない実験動物の片目を一定の間ふさぐと、その目は弱視になる。臨界期に光の刺激を受けずにいると脳内の視覚をつかさどる部分が育たないからだ。


早期英才教育は不要だとしても、脳の健やかな発達を促すためには適切な環境が必要なのだ。


保育者はどのようなことに気をつければいいのだろうか。シカゴ大学医学部教授で人工内耳のインプラント手術を専門とする小児科医、ダナ・サスキンドは子どもに語りかける大切さを訴える。彼女は医師になりたてのころ、生まれつき耳の聞こえない2人の乳児に人工内耳を埋め込む手術をした。


2人は同じように聴覚を取り戻した。にもかかわらず、10歳のころの成長の違いを見て驚いた。1人は話す能力と年齢にふさわしい学力を身につけ、友達と一緒に学んでいた。もう1人は会話がおぼつかなく、手話を使って学習するクラスにいた。話す能力が身につかなかった子どもは、ほとんど会話のない環境で育っていた。大人になってから人工内耳で聴覚を取り戻しても、話し言葉を意味のある音声だと理解するのは難しいことは知っていた。だが、乳幼児期の環境がこれほどの違いを生むとは知らなかった。


お茶の水女子大学名誉教授で小児科医の榊原洋一も「赤ちゃんの耳が聞こえないことに気づかず3歳くらいまで過ごすと知的な能力の発達に遅れが見られることがある。文字を発明する以前、人類が話し言葉を通じて進化してきたことを考えても、会話という音声による聴覚刺激の大切さが分かる」と指摘する。


サスキンドは「耳から入る言葉は脳の発達に欠かせない『栄養』。聞く能力は読む能力につながり、読むことで広く学べる。この最初のドミノが親子の会話なのです」と話している。


(中村裕)

(文中敬称略)

「子どもと話そう」に続く)

…続きを読む

この記事の続きをお読みいただくためには、購読手続きが必要です。
GLOBE総合ガイド
  • ログインする
  • ご購読申し込み

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル(フルプラン)」を購読済みの方は、ご利用のログインID・パスワードでGLOBEデジタル版の全てのコンテンツをお楽しみいただけます。「ログイン」へお進みください。
朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示