RSS

京都へおこしやす

[Part2]世界の観光事情

高野山での撮影に臨む。佐野ひろ(右)
photo:Semba Satoru

国連世界観光機関(UNWTO)によると、2015年の国際観光客の到着数(1泊以上の訪問)は11億8600万人。世界経済危機の影響を受けた09年の後、右肩上がりで伸びている。


外国客が最も多いのは欧州で、6億人余りと全体の半数超。国・地域別ではフランスが年間8400万人余りとトップで、米国、スペイン、中国、イタリアと続く。日本は1974万人と16位だった。


フランスは観光名所も多いが、09年に観光開発機構を設置。世界で30以上の国と地域に拠点を置き、PRを展開する。


15年の国際観光による収入は、世界で1兆2600億ドル(約139兆円)。1位は米国の2045億ドル(約22兆円)で、中国、スペイン、フランス、英国、タイと続く。前年8位のマカオは、アジア各地にカジノが増えて10位。それでも外国客1人あたりの収入は2188ドル(約24万円)と、日本(1266ドル)の2倍近い。

…続きを読む

この記事の続きをお読みいただくためには、購読手続きが必要です。
GLOBE総合ガイド
  • ログインする
  • ご購読申し込み

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル(フルプラン)」を購読済みの方は、ご利用のログインID・パスワードでGLOBEデジタル版の全てのコンテンツをお楽しみいただけます。「ログイン」へお進みください。
朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示