RSS

京都へおこしやす

[Part1]中国人と京をゆく

保津川の急流を下っていく。船が揺れるたび歓声が上がった。

1日目 - 舞妓あそび体験 -


チン、トン、シャン……。三味線の音にあわせ、金びょうぶのステージで舞妓(まい・こ)さんが踊り始めた。4月初旬、中国のエイチ・アイ・エス主催の「関西桜ツアー」に同行した私は、北京から参加した同社社員の劉暢(リュウ・チャン)(30)、母親の王東恵(ワン・トン・フィ)(60)、国有企業エンジニアの趙凌(ツァオ・リン)(58)の3人の女性と、JTB主催の舞妓あそびと京懐石の夕食にやってきた。他のツアーの欧米人観光客もいる。


「大昔の日本女性の姿だね」。3人はスマホで撮影に夢中。京都が初めての趙は、うなじのアップを撮った。「日本男性はうなじが好きなんでしょ。背中を見て喜ぶ感覚、中国の男性にはないわ」

 

昨夏まで3年間、北京に駐在した私にとって、中国人の撮影熱はおなじみだ。飲食店の料理、訪ねた場所……。行動の一つ一つをせっせと撮っては中国版SNSにあげて友だちとシェア。日本でもフェイスブックで「リア充」ぶりを自慢するのがはやったっけ。この日の京懐石の夕食でも、湯豆腐、天ぷら、桜入りうどんとひと皿ごとの撮影に余念がなかった。


踊りの後、「こんぴらふねふね~」とお座敷遊びが始まったが、いくら勧めても3人は参加しない。欧米人が列をなす舞妓とのツーショットにも興味を示さない。でも、舞妓の着物が「200万円」と紹介されると、王がすかさず写真を撮りに行った。「今、ここでしか撮れないもの」だからだろう。

 

上海の旅行誌の編集者によれば、この10年ほどで中国人の平均所得は上がり、グループや個人での旅行が増えた。彼らが旅に求めるのは「中国ではできない特別な体験」。働き方も変わり、若い世代は「休みがとりにくい」と、旅に効率を求める傾向があるという。

 

今回のツアーは5泊6日で代金は1万6800元(約27万円)。3人には「特別高いわけでもない」そうだ。

 

帰りの車中、鴨川のほとりの夜桜を見て、趙は車を降りたがった。「北京の桜と違うの?」と聞くと、「日本では、街全体が桜の景観に溶け込んでいる。それが見たくて来たの」。中国人旅行者と聞くと、日本では「爆買い」のイメージが強かったが、彼らのように落ち着いた旅行者がじわり増えている。 


(倉重奈苗)




2日目 - 三千院~保津川下り -


2日目は、大原・三千院から始まった。京都駅から車で約50分。山中の寺では、桜のつぼみがほころび始めたばかり。人は少なく、静かで穏やかな空気が残る。

 

私が京都市に居を構えて8年。三千院は昨年に取材でも訪ねた好みの寺院だ。その時は「外国人も、ここまではあまり来ないんです」と聞いていた。

 

こけの密生する庭園・有清園へ出ると、見事な緑のじゅうたんに「へ~」と感嘆の声が上がる。その先は、国宝・阿弥陀三尊像を収める往生極楽院だ。どんな感想を持つかな。楽しみにしていると、お堂をあっさり通り過ぎた。何かの間違いかと思ったが、みんな構わず歩いていく。

  

仏像は見ないの? 添乗員の朱興江(ジュ・シン・ジャン)(40)にそっと聞くと「中国では宗教に興味がない人が多い。お寺の建物や庭は日本的だと人気ですが」と言う。朱の経験では、奈良の東大寺を訪ねても、内部まで拝観するのは半数ほど。「大仏より奈良公園の鹿のほうが人気です」

 

それでも、最年長の王は「落ち着ける雰囲気がよかった」と喜ぶ。「空気がいい」という声もあった。大気汚染のひどい北京から来ているからだろうか。

 

いや、私も大原に来るといつも深呼吸をする。互いの違いばかりに目が行っていたが、感じ方が似ている部分も少なくないのかもしれない。

 

三千院の次は嵐山。その前に昼食だ。飲食店で席に着くと、ランチコース(2500円)の前菜にあたる「八寸」が出ていた。でも、誰も食べ始めない。メニュー写真にすべての料理が並んでいるので、そろうまで待っているようだ。店員から、「召し上がっていただかないと料理が置けないんで」と注意された。少し離れた席の日本人客に向ける柔らかい口調と明らかに違い、残念な気持ちになる。

 

午後のメインは保津川下り。嵐山からトロッコ列車で亀岡に向かい、馬車で乗船場へ。そこから嵐山まで、約1時間40分かけて下る。全行程で4時間ほど。とてもぜいたくな時間の使い方だ。

 

「昔は下ったあと、船を人力で引っ張って戻りました」。船頭さんの説明を添乗員の朱が訳す。船が急流に突っ込むと、「お~」と歓声が上がる。船頭さんは汗だくだ。船の中に一体感が生まれる。

 

川に鵜(う)がいる。「中国ではなんて言うの?」と船頭さん。みんなで考え、「鸕鶿(ルー・チュー)」。「ローチー? あってる?」。そんなやりとりが楽しく、あっという間に時間がすぎた。

 

「船頭さんが良かった。地元の人とふれあえるのは貴重な経験でした」と劉が言った。彼女はこのツアーの企画者でもあるが、自費で参加。改善点を見つけて来年の販売に生かすつもりだ。「中国でも、

日本旅行は2度目、3度目で、より深く日本を味わおうという人が増えている。地元の方との交流は、ツアーの大きな魅力になると思います」


(西村宏治)


(文中敬称略)


「日本に行ったら気をつけること」へ続く)



この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示