RSS

心の筋トレ

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

[Part2]地に足がついている!




本格的な修行生活が始まった。午前4時の読経から始まり、托鉢への同行、瞑想、掃除など毎日のスケジュールはきっちり決まっている。ただし、生活は日本の禅寺ほど厳格ではない。読経も掃除もさぼってOK。瞑想も一人ひとりが好きな場所で自分のペースで行う。タイらしい、ゆるくて自由な雰囲気だ。


夜になると、日本人の修行者たちはプラユキを囲み、その日の修行内容や自分の変化について語り合う。私が滞在中には、平均して7人前後の日本人がいた。引きこもりがちで留年が続き、退学処分寸前の21歳の大学生タケシ(仮名)。両親ともに自殺し、自らもうつに苦しめられる42歳の映像プロデューサー。理想的な心の導師(グル)を求め、数十年間さまざまな指導者を訪れ続ける熟年夫婦――。


境遇は違っても「行き詰まった人生を何とかしたい」という切実な思いは共通していた。「成功者が自分のさらなるバージョンアップを図る」という米国のマインドフルネス実践者らとは対照的だ。


さて、肝心の私の瞑想修行。初日は「こんなことして何になるの?」という思いが頭を離れないまま終わった。2日目、ちょっと景色がきれいに見えたが、自分が変わる実感はまるでなし。3日目、とうとう眠くなってきた。



こういう感じか!


がんばって1日4~5時間はやっているんだけどなあ。やっぱり自分って、そう簡単には変われないのかなあ。

…続きを読む

この記事の続きをお読みいただくためには、購読手続きが必要です。
GLOBE総合ガイド
  • ログインする
  • ご購読申し込み

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル(フルプラン)」を購読済みの方は、ご利用のログインID・パスワードでGLOBEデジタル版の全てのコンテンツをお楽しみいただけます。「ログイン」へお進みください。
朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

Editor’s Note 編集長から