RSS

自閉症を旅する

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

[Part1]1分24秒の異世界


とあるショッピングセンターに、自閉症の少年が母親に手を引かれてやってくる。ドアが開くと天井の蛍光灯のまぶしさに目がくらむ。通り過ぎる買い物客の手荷物の袋がこすれるガサゴソした音やドリンクをストローですする音が耳に障る。極彩色の商品やバルーン、テレビモニターがチカチカと視覚を刺激する。不快な波が押し寄せ、視界がかすむ。間もなく少年は耳をふさぎパニックに陥る……。


英国自閉症協会(*2)が昨年公開した1分24秒の動画(*3)は、自閉症の人たちに世界がどのように見えているかを伝える。障害への理解を深めるキャンペーンの一環で制作した。キャンペーン責任者のトム・パーサー(34)によると、当事者や家族ら約

7000人へのアンケートと約100人へのインタビューを参考にしたという。公開後、数十分で目標の視聴回数70万回を突破。よりリアルに体験してもらおうとVR(バーチャルリアリティー)動画も作り、イベント会場などで大勢の人に体験してもらったほか、小学校にVR用ゴーグルを配った。当事者から「自分のことをわかってもらえてうれしい」、親からは「子どもの苦しみがわかった」という声が寄せられたという。ただし、動画はあくまで一例で、自閉症の人の感覚は様々だ。


パーサーの14歳の息子も自閉症だという。食べ物へのこだわりがあり、長い間、トーストとパスタ、チーズしか食べられなかったそうだ。私の長男も長いことエアタオルの音と便器の自動洗浄が苦手だった。エアタオルは耳をふさぎたくなる暴風のように聞こえ、自動洗浄の水は突然襲いかかってくる洪水のように見えたのではないか。私自身、VRを体験し、長男が体感していた世界の一端をのぞき見た気がした。

…続きを読む

この記事の続きをお読みいただくためには、購読手続きが必要です。
GLOBE総合ガイド
  • ログインする
  • ご購読申し込み

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル(フルプラン)」を購読済みの方は、ご利用のログインID・パスワードでGLOBEデジタル版の全てのコンテンツをお楽しみいただけます。「ログイン」へお進みください。
朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

Editor’s Note 編集長から