RSS

ジョコビッチの涙

[Part1]スポーツと国民国家

ATPツアー・ファイナルではセルビアの旗を手にジョコビッチを応援する観客が見られた Reuters

11月10日、ロンドン。ATPツアー・ファイナルの取材にやってきた。ジョコビッチ、マリー、錦織らトップ8人が顔をそろえる。


エディンバラからの機内でスコットランドの民族衣装を着た一団と一緒になった。翌11日のサッカーW杯・ロシア大会の欧州予選、イングランド対スコットランドの応援に乗り込むサポーターたちだ。


「ロンドンにいるアンディも応援に来るはずさ。スコットランドにとって心強いよ。何しろ世界1位だからね」


同じ英国民でも一番負けたくないライバル。どこか、きょうだい同士の意地の張り合いに似ている。サッカーの代表戦で顕在化する限定的なナショナリズム。日本代表が勝つと、東京・渋谷のスクランブル交差点にレプリカユニホームの若者が繰り出すのも、一体感を共有したい欲求の表れだろう。


一方で、スポーツには偏狭で排他的なナショナリズムが入り込む危険もある。12年ロンドン五輪のサッカー男子3位決定戦。日本に勝って喜んだ韓国の選手が、「独島は我が領土」と書かれたプラカードを掲げた。日本が領有権を主張する竹島だから、外交問題に発展した。


この騒動の翌日、バレーボール女子の3位決定戦で日本が韓国を破って銅メダルを獲得した試合を会場で見届け、気分がスッとする自分に気づいた。敵を作ることで国民を団結させるという国民国家の力学を実体験した気分だった。


ナショナリズム論の古典といわれる『想像の共同体』の中で、ベネディクト・アンダーソンは、「国民とはイメージとして心に描かれた想像の政治共同体」だと説いた。私自身、日本への帰属意識はあるが、1億2000万の同胞の大多数と、直接の知り合いではない。


もう少しだけ、「国民」について考えたい。英国の歴史家エリック・ホブズボームは、西洋で人々を「国民化」する文化的装置の役割を果たしたのはスポーツとマスメディアだと論じた。スポーツは「国家間闘争の一表現」となり、スポーツ選手は「彼らの想像の共同体を表現するものとなった」と。


……待てよ。だとすると、スポーツメディアの片隅で、五輪の7大会を取材してきた自分は、日本という「国民国家」の強化を後押ししてきたのだろうか?

…続きを読む

この記事の続きをお読みいただくためには、購読手続きが必要です。
GLOBE総合ガイド
  • ログインする
  • ご購読申し込み

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル(フルプラン)」を購読済みの方は、ご利用のログインID・パスワードでGLOBEデジタル版の全てのコンテンツをお楽しみいただけます。「ログイン」へお進みください。
朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示