RSS

ジョコビッチの涙

[Part1]それは愛国心なのか





ノバク・ジョコビッチ
AFP時事

思わず目を疑った。絶対的な強さを誇ってきたテニス界の王者が感情を抑えきれず、号泣していた。全米オープンなど4大大会の決勝で負けたときでも悔しさを押し隠し、勝者をたたえる姿を見るのが常だったから、驚いた。


8月7日(現地時間)、リオデジャネイロ五輪男子シングルス1回戦。金メダルの大本命、世界ランキング1位だったノバク・ジョコビッチ(セルビア)は、フアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)にストレート負けした。センターコートの去り際、ジョコビッチはあふれる涙を隠そうともせず、観衆のねぎらいの拍手に左手を掲げて応え、舞台から消えた。


私はすぐ、ツイッターでつぶやいた。



プロテニスプレーヤーの「常識」で考えれば、五輪は究極の目標ではない。毎年開かれる全豪、全仏、ウィンブルドン、全米の4大大会を制することが最大の勲章だ。名誉とともに、優勝すれば賞金数億円が懐に入る。五輪には賞金は出ないし、金メダルも純金ではない。リオ五輪からは、世界ランキングに反映されるポイントすら与えられなくなった。「ただ働き」といったら言い過ぎか。


たしかにジョコビッチは五輪に重きを置いていることを公言していた。全仏オープンを6月に初めて制し、4大大会すべてを制する「生涯グランドスラム」を達成した彼が、唯一手にしていない栄冠が五輪の金メダルだった。


「もちろん、失望しているよ。だって、これは五輪なんだから」


敗戦後のコメントだ。失望はわかるが、あの泣きじゃくりぶりは尋常ではなかった。


彼にとって「五輪」の重みとは? それを確かめたいと思った。


まず、彼の母国に飛ぶことにした。




 


セルビアの首都ベオグラードを訪ねるのは8年ぶりだ。前回の来訪時はジョコビッチが全豪オープンで4大大会初優勝を飾り、空前のテニスブームが到来していた。


1990年代の旧ユーゴスラビア紛争で、セルビアは世界中から「悪役」のレッテルを貼られ、首都は米国を中心とする北大西洋条約機構(NATO)軍の空爆を受けた(09面にメモ)。内戦のあと、頭角を現したテニススターたちは、セルビアのイメージを明るくする親善大使の役割も担っていた。


私自身、99年の空爆を身近に感じる体験をしている。爆撃が始まった3月下旬、セルビアの隣国、クロアチアのサッカークラブに移籍したカズこと三浦知良の取材で首都ザグレブにいた。ホテルでテレビをつけると、ニュースでベオグラード空爆の様子が映った。映像を通してだから、死の恐怖とは無縁だったが。当時、ジョコビッチの両親は、子どもが空爆におびえて家に閉じこもるのは発育上よくないと考え、息子にはあえて屋外でテニスをさせたという。


17年が過ぎた今も、街には空爆で壊された軍事施設が当時の姿をさらす。今回、まず訪ねたのはジョコビッチが少年時代に通っていた「パルチザン・テニスクラブ」だ。会長のドゥシャン・グルイチ(61)が迎えてくれた。


壁に飾られたジョコビッチとの写真を自慢げに指さしながら、グルイチは振り返る。「ノバクは空爆のときも練習に来た。この近くには軍事関連施設はないし、空爆は夜が多かったからね」


──リオ五輪で流した涙の意味はなんだと思いますか?


「彼はセルビアを背負っていた。愛国心の塊だ。3度目の五輪で自信もあったはずだ。だから失望したんだろう。でも、泣くのは恥ずかしいことじゃない。家でテレビを見ていたが、彼が試合で負けて泣くのを初めて見て、私も泣けてきた」


ほかにも、ジョコビッチを知る人たちに見解を尋ねて回った。誰もが「愛国心の強さ」を涙の主因に挙げた。


パルチザン・クラブでコーチをしていたミリ・ベイコビッチ(55)は、数年前に亡くなったジョコビッチの祖父との会話の記憶をたどってくれた。「孫が五輪の金メダルを取ると約束してくれたと。負けた瞬間、そのことが脳裏をよぎったのかもしれないよ」


テレビ解説者のネボジャ・ビシコビッチ(46)は少し違った見立てだ。2011年、ジョコビッチは全米オープン優勝直後の国別対抗戦デビスカップで、ベオグラードでのアルゼンチン戦を体調不良で途中棄権した。


「全米で7試合戦い抜いたのに、国を代表して戦うときに1試合ももたないのかと非難もされた。棄権したときの対戦相手は、くしくもリオで負けたデルポトロ。いろいろな感情が一気に押し寄せたのかもしれない」


なるほどとは思うが、やはり本人に聞かないことには真実はわからない。


開催中のマスターズ・パリ大会に向かうことにした。ジョコビッチも参戦している。記者会見で直接聞いてみよう。


ところが、取材当日、ジョコビッチは過去14戦全勝のマリン・チリッチ(クロアチア)に敗れ、2年余り保持してきた世界ランキング1位の座から陥落することがほぼ確実になった。とても、「リオ五輪での涙の理由は?」と尋ねる空気ではない。直撃は今季最終戦、ロンドンでのATPツアー・ファイナルまでお預けとなった。


(稲垣康介)

(文中敬称略)

次ページへ続く

…続きを読む

この記事の続きをお読みいただくためには、購読手続きが必要です。
GLOBE総合ガイド
  • ログインする
  • ご購読申し込み

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル(フルプラン)」を購読済みの方は、ご利用のログインID・パスワードでGLOBEデジタル版の全てのコンテンツをお楽しみいただけます。「ログイン」へお進みください。
朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示