RSS

トイレから愛をこめて

[Part1]高齢者の自立はトイレから/日本






一晩のトイレ介助が十数回目に及んだ時、40代の息子の忍耐は限界に達した。夜中、認知症の母(当時80歳)を1時間に3、4回の頻度でポータブルトイレに座らせるため、睡眠不足が続いていた。午前4時前、「普通のトイレに行きたい」と言い出した母。いら立ちが高じ、殴り、引き倒した。


傷害致死罪。2013年に下った判決は、懲役3年、保護観察付き執行猶予5年。「同情の余地がある」として、量刑は「法定刑の最下限」だった。


身につまされる人は多いだろう。在宅介護経験者ら約700人に聞いた内閣府の調査(2013年)で、「苦労したこと」のトップは排泄(62.5%、複数回答)だった。


自分でトイレに行きたい……。この欲求を、リハビリの「やる気」へと変換する。長野中央病院(長野市)のリハビリ科部長、中野友貴(65)は、このテーマに35年近く取り組んできた。


その第一歩は、「ポータブルトイレ自立」。自分で起き上がり、ズボンを下ろし、ベッド脇のトイレに乗り移る。病院で独自開発した手すりをベッドに取り付け、転倒を防ぐ。この方法で多くの患者の在宅復帰に効果を上げてきた。


ただ、ポータブルトイレは、排泄物をバケツにためるため臭いが出やすく、処理や清掃も手間がかかる。TOTOが2年前から販売しているのが、ベッドサイド水洗トイレ(ウォシュレット付き)。本体の希望小売価格は税込み約57万円。今年購入に介護保険が使えるようになった。






子ども用おむつを逆転


排泄物を粉砕し、水圧を加えて送り出す。トイレと部屋の壁をつなぐ長さ約2メートルのホースは柔軟で、場所を替えられる。尿取りパッドやガーゼなど異物が混入しても、故障しにくいのがミソだ。


兵庫県豊岡市に昨年オープンした全個室の特別養護老人ホーム「ここのか」は、このトイレを試験的に10台導入した。主任介護士の山崎真樹子は、従来型のポータブルトイレの排泄物を処理するとき、入居者が「ごめん、悪いなあ」と申し訳なさそうにする様子が気になっていた。「水洗だと臭いもでないし、バケツ洗浄もないので助かる。ただ、本人がすぐ流してしまうと尿や便の様子が確認できなくなるのだけは困りますが」と話す。


どうしてもトイレに座れない場合は、オムツに頼らざるをえない。業界最大手のユニ・チャームの調べでは、12年の大人用排泄ケア用品の市場規模は約1600億円で、子ども用オムツの1400億円を逆転した。


オムツとトイレが限りなく融合したのが、「自動排泄処理ロボット」である。下半身に専用カバーを装着、尿や便が出た途端にセンサーが感知し、ホースで吸引しつつ、陰部を洗浄する。





寝たきり増産?


エヌウィック(本社・仙台市)が開発した「マインレット」は、介護保険を使えば、本体のレンタルは月6000円、排泄物タンクの購入は1万円ぐらいという。


だが、06年に発売した当初、行政や医療関係者の反応は冷ややかだった。同社のマネジャー、新田成彦は、厚生労働省の当時の担当課長から「寝たきりを増産する。哲学として認めない」と言われて衝撃を受けた。介護保険の対象となる福祉用具として検討の俎上(そじょう)にも載せてもらえなかったのだ。


だが、難病患者や障害者を長期間、介護する家族には歓迎された。その後、在宅介護を重視する流れのなかで、介護保険も、09年には購入、12年にはレンタルで使えるようになった。


埼玉県在住の甲州優(48)は、要介護度5の母を06年から7年間、在宅で介護し、夜だけ装置を使った。「自分が眠いときに、15?20分かけてオムツを何回も交換するのは本当につらい。この装置がなければ体力がもたなかっただろう」と振り返る。(インタビュー記事はこちら


当初、反対した元課長に電話で話を聞いてみた。「つけっぱなしになるのではないか、という心配があった。ただ、いま自分の両親が老々介護になっている様子を見ると、夜間の排泄介助は本当に大変だ。もう否定はしませんよ」



(浜田陽太郎)

(文中敬称略)

(次ページへ続く)



…続きを読む

この記事の続きをお読みいただくためには、購読手続きが必要です。
GLOBE総合ガイド
  • ログインする
  • ご購読申し込み

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル(フルプラン)」を購読済みの方は、ご利用のログインID・パスワードでGLOBEデジタル版の全てのコンテンツをお楽しみいただけます。「ログイン」へお進みください。
朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示