RSS

大人って何だろう?

[Part1]子どもらしさも強みではないのか?





ウーバー共同創業者兼CEO
トラヴィス・カラニック
photo:Toh Erika

6月初め、ハイヤー配車サービス「ウーバー」のサンフランシスコ本社。最高経営責任者(CEO)のトラヴィス・カラニック(38)は開業5周年のイベントで、30分近くを費やし語った。「私たちが進出しようとするたび、強力な業界が強固に団結して阻んできた」


ウーバーは車の現在地や運転手名、車種などを明示しつつ配車するアプリを開発。利用者は現在地を入力して車を呼べる。これに既存の業界や規制当局は反発。各地で新たな規制の動きが出ているだけでなく、欧州ではデモやストが起きている。日本では福岡で始めた事業が「白タク」として国土交通省から指導を受け、3月に中止を発表した。


既存業界にも配慮しつつ事業を進めるのが「大人の企業」だとすれば、ウーバーはその対極にあるとも言える。アジア担当トップのアレン・ペン(31)は取材に対して語った。「起業家は日々アイデアを考え、世界を新鮮な目で見ることが必要だ。子どもらしさは大事になってくる」


「規範に従わない型破り」はシリコンバレーのDNAだ。1950年代の半導体産業の草創期、大御所の研究者の元を出て起業した若者を「反逆の8人」と呼ぶ。彼らはインテルの共同創業者などに。カラニック自身、以前の起業で訴えられたり、共同創業者に裏切られたり、波乱に富んだ経歴で知られる。


ウーバーのペンは言う。「でも、単に子どもであるだけでは壁にぶち当たる。経験に基づいて意思決定する成熟さとの両方が大切だ」





「若くて何も知らない方がよかったりする」

クリス・マーフィー
photo:Toh Erika

ウーバーは昨年9月、デビッド・プラウフ(48)を政策・戦略担当の上級副社長に迎えた。オバマを2008年に米大統領に初当選させた選対本部長だ。「長年競争を阻んできた、敵対する巨大タクシーカルテル」(カラニック)と対抗できる「大人」を求めた判断と言える。


グーグル会長のエリック・シュミットは評価するコメントを寄せたが、彼もグーグルが招き入れた「大人」。20代だった共同創業者のラリー・ペイジとサーゲイ・ブリンに、投資家が「経験ある人物をCEOに」と助言し実現した。フェイスブックでは、グーグル幹部だったシェリル・サンドバーグ(45)が最高執行責任者(COO)に転じ、若きCEOをサポート。アップルは創業者の故スティーブ・ジョブズが28歳の時、ペプシコ社から当時44歳のジョン・スカリーをCEOに迎えた。ジョブズはその後、一時アップルを追われるが、大組織の幹部として経験豊富な40代以上の彼らが、新興企業の「大人」の役割を果たしてきたと言える。


急成長する企業に「大人」を迎え入れるには、タイミングも大事だ。サンフランシスコで約2年半前に生まれた「ズームフォース」は映像を駆使した採用担当者向けサイトを企業に売り込んでいる。総勢9人の平均年齢は20代後半だ。


共同創業者兼CEOのクリス・マーフィー(28)は「大手に営業をかける僕らには、経験のある人物をいずれ入れる必要は出てくる」と話す。ただ、「でもね」と付け加えた。「まだそこまでたどり着いていない。まず必要なのは工夫や実験。それには若くて何も知らない方がよかったりするんだ」



(藤えりか)

(文中敬称略)

(次ページへ続く)



子どもらしさも強みではないのか?

「規範に従わない型破り」がDNAとなっているシリコンバレーで「子どもらしさ」は強みではないのか?サンフランシスコのベンチャー企業を訪ねた(撮影:藤えりか、機材提供:BS朝日「いま世界は」)




…続きを読む

この記事の続きをお読みいただくためには、購読手続きが必要です。
GLOBE総合ガイド
  • ログインする
  • ご購読申し込み

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル(フルプラン)」を購読済みの方は、ご利用のログインID・パスワードでGLOBEデジタル版の全てのコンテンツをお楽しみいただけます。「ログイン」へお進みください。
朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示