RSS

Beer

[Part2]ビール業界に君臨するブラジル人トップ





世界最大のビール会社は、ベルギーに本拠を置く「アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)」社だ。米国のバドワイザーをはじめ、ベルギーのステラ・アルトワ、メキシコのコロナなど名だたるブランドを傘下に収め、世界全体のシェアの2割を握る。昨年の売上高は約4兆3000億円で、従業員は15万人。株式市場では、利益率が高い超優良企業として評価されている。


CEOは、ブラジル人のカルロス・ブリト。1960年に生まれブラジルの大学を卒業し、米スタンフォード大学で経営学修士(MBA)を取得。自動車大手のダイムラー社を経て、ブラジルのビール大手アンベブ社に入り、トップに上りつめた。2004年に当時世界3位だったベルギーのインターブリュー社と、同6位のアンベブ社が統合すると、翌年にはそのトップに。08年にはバドワイザーブランドで米国の市場シェアの5割を握る米アンハイザー・ブッシュ社を約5兆5000億円で買収し、業界に君臨するようになった。


様々なブランドをかかえることについて、ブリトは海外メディアのインタビューに「世界のどこにいても我々の商品を選んでもらえる。重複ではなく、補完関係だ」と答えている。アジアでも中国やベトナムへの進出に加え、今年に入り、一時手放していた韓国のOBビールを再び傘下に収めるなど着々と足場を築いている。


ブリトは「徹底したコスト削減で、利益率を高める」(日本のビール大手関係者)という経営手法で知られる。そのドライな対応を目の当たりにした企業が日本にもある。兵庫県の日本酒メーカー小西酒造だ。




日本市場、世界大手の直接参入許さず



社長の小西新太郎は、ベルギービール「ヒューガルデンホワイト」を1988年から輸入し、フルーティーな口当たりのよさを売り込んで大ヒットさせた。貢献を評価され、ベルギーから「ビールの騎士」の認定も受けた。


だが08年、ヒューガルデンを製造するインベブ社が、突然、販売権をアサヒビールに移すと伝えられた。


「資本の論理にたけた経営者が、販売はその国の最大手に任せようという方針だと理解した」と小西は振り返る。その後も、他社のベルギービールの販売やPRに力を入れているが、「20年も続いたインベブとの関係が、こんなに急に終わるとは思わなかった」という。


世界市場では、ABインベブのほか、英国に本社を置くSABミラー、オランダのハイネケン、デンマークのカールスバーグが大きなシェアを持ち、世界規模で競争やM&Aを繰り広げている。

日本はこうした世界大手が、本格的に直接参入していない珍しい市場だ。現在バドワイザーとハイネケンは、キリンビールが、カールスバーグはサントリーがライセンス契約で製造販売し、ミラーは輸入代理店の日本ビールが売っている。


90年代前半、当時サントリーが売っていたバドワイザーは、「ビールの王様」をうたうCMを流し、「バドガール」がいる店も流行した。しかし、94年にサントリーが発泡酒を売り出し、幅広いビール系飲料の開発競争に火がつくと、海外大手のビールが店頭に並ぶ機会は減り始めた。「日本市場に興味はあっても、販売の土俵に上がることすら厳しい状況になった」(国内ビール大手)という。


ABインベブ社に日本への関心を尋ねる質問を送ってみたが「M&A戦略については一切回答できない」という返事だった。


(鈴木暁子

(文中敬称略)

(次ページへ続く)



この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示