RSS

Beer

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

[Part1]クラフトビールが起こした地殻変動






香るホップ求め競争

ホップ畑とジェイソン・ペロー/photo:Suzuki Akiko

なだらかな丘に囲まれた、米ワシントン州ヤキマ。ジェイソン・ペロー(40)が試作したビールに鼻を近づけると、オレンジの濃い香りがした。新開発のホップ、「エキノックス(春分・秋分)」の効果だという。日の光を思わせる明るい黄色の葉をつけることから付いた名だ。


ペローはいま全米で最も注目されているホップ開発会社「ホップ・ブリーディング・カンパニー」の開発担当者を務める。様々なホップを掛け合わせ、10年がかりで優れた品種を育て上げる。風船ガムやハーブ、大地の香りが複雑に匂う「モザイク」、かんきつ系のさわやかな「シトラ」などのヒットを生んできた。


つる性の植物の花からとれるホップ(memo02参照)は独特の苦みや防腐効果をもたらし、ビールづくりに欠かせない。世界の生産量の約7割はドイツと米国で栽培されている。摘み取り機や乾燥機に多額の設備投資が必要なため、米国の栽培農家は、代々続く家族経営の農家70軒ほどに限られ、ワシントン州が米国内生産量の約8割を占める。


10年前までは、苦み成分の強い「スーパーアルファホップ」が主につくられてきた。効率よくビールに苦みを与えられるため、大手ビールメーカーが必要とし、値段もよかったからだ。


乾燥したホップ/photo:Suzuki Akiko

だが時代は変わった。1990年代半ば、小規模の醸造所による手づくり感覚の「クラフトビール」の世界で、伝統的なビールの5~10倍ものホップを使うインディアン・ペールエール(IPA)が流行したのが、きっかけだった。


クラフトビールは、米国でビール醸造の規制が緩和された70年代後半以降に広がり始めた。2013年には全米のビール醸造量の7.8%を占め、20年には2割に達するとの見方もある。いまや全米 に2900軒の醸造所があり、さらに1900軒が開設準備中といわれる。「よそとは違う特徴的なビールでヒットを飛ばしたい」と願う彼らが注目したのが、変わった香りや風味を出せる新しいホップだった。


ペローの会社では06年ごろから香りの強いホップを増やし始め、いまや4分の3がクラフトビール市場向けだ。





異業種からの参入組も



ダレン・ガマシュ
/photo:Suzuki Akiko

新しいホップの中には「日本発」のものもある。ヤキマに代々続くホップ農家の4代目、ダレン・ガマシュ(39)がヒットさせた「ソラチエース」だ。


サッポロビールが日本で開発し、北海道・空知にちなんだ名で84年に品種登録した。だが「日本の市場向きではない」と判断し、ビールには使わなかった。90年代初頭、研究機関どうしの交流で、ソラチの株をオレゴン州立大学に提供。10年ほど後に大学を訪ねたガマシュが、たまたまみつけ、株の一部を譲り受けた。かんきつやココナツを感じさせる、気品のある香りが気に入ったからだという。


ソラチは米国以外にも欧州やアフリカ、南米、中東など、たくさんの醸造家に使われ、日本でも茨城県の木内酒造が「NIPPONIA」というビールを売り出している。


ホップづくりには異業種で成功したビジネスマンも参入している。全米第2の産地、オレゴン州。スポーツ用品メーカー・ナイキの元幹部、ジム・ソルバーグ(53)は、友人の弁護士らと「インディー・ホップス」を立ち上げた。


ユニークなホップの開発・販売をするインディー・ホップスのジム・ソルバーグ(左)とマット・セイジ
/photo:Suzuki Akiko

オレゴン州立大との共同研究に100万ドル(約1億円)を提供。15種類のホップを畑でテスト中だ。これまで100種類以上を試してきたが、醸造家たちからは「代わり映えしない」との評価がほとんど。それでも「とてもクリエーティブで楽しい仕事なんだ」とソルバーグはいう。


米国では、人気が集中するホップは品薄状態で、長期契約以外の売り買いでは、値段が跳ね上がるケースもある。そこで、南部や中西部、東部の州でも、新規参入を考える人たちが出てきた。


開発競争は、ホップ生産量世界一のドイツにも飛び火している。ドイツでも醸造家が様々な香りのホップを求め始めたからだ。


バイエルン州農業リサーチセンターは、米国産ホップに需要が流れるのを恐れ開発に着手。2012年から、オレンジやメロンやミントの香りがするホップの提供を始め、醸造家たちから引っ張りだこになっている。開発主任のアントン・ルッツは「フルーティーなホップを使ったビールはすぐすたれるとの見方もあったが、いまや世界的トレンドになった」と話した。


(鈴木暁子)

(文中敬称略)

(次ページへ続く)



…続きを読む

この記事の続きをお読みいただくためには、購読手続きが必要です。
GLOBE総合ガイド
  • ログインする
  • ご購読申し込み

朝日新聞デジタル購読者の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル」を購読済みの方は、ご利用のログインID・パスワードでGLOBEデジタル版の全てのコンテンツをお楽しみいただけます。「ログイン」へお進みください。
朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

Editor’s Note 編集長から