RSS

Beer

[Part4]二極化するビール











ビールは世界で一番飲まれている酒だ。英シェフィールド大学のデイビッド・グリッグ教授の論文によると、1997~99年時点で、世界の酒消費量(重さ単位)の8割近くがビールだった。アルコール量だけで比べても、世界の消費の3分の1はビールによるものだ。


世界全体の生産量は1975年から2012年にかけて2.4倍に増えた(右のグラフ参照)。人口一人当たりでも4割近い伸びだ。


大まかな傾向として、ある国が経済成長し、一人当たりの所得が伸びるにつれビールの消費量も増えていく。おうせいな需要を満たすのは、大手メーカーによって大量生産されるビールが中心だ。ところがドイツや日本のように、ある時点から消費が頭打ちになり、高齢化や人口減に伴い、減り始める国もある。


そこで起きているのがいわば「二つの二極化」だ。一つの軸は、新興国と先進国。ビール消費量世界一の中国や、前の記事にあるベトナムのように、勢いのある新興市場に先進国ブランドが押し寄せ、激しい競争を繰り広げる。本編2のpart2でみるように、国境を超えた企業の買収・再編や系列化も進み、ビール業界は上位5社が世界市場の約半分を押さえる寡占状態になっている。


もう一つは冒頭の記事でみたような、先進国内での二極化だ。効率的な生産で低価格を売りにする大手メーカーと、独自性を強調するクラフトビール。1994年をピークに消費が減り始めた日本では、税制の影響もあって値段の安い「発泡酒」や「第3のビール」の開発競争が激しくなり、ビール系飲料の半分を占めるようになった。一方で、地ビールに再び注目が集まり、メーカーは200社を超えた。個性的なビールを飲ませる店も増えている。


ビールの飲み方、飲まれ方は、経済や社会の変化を如実に映し出している。


(田玉恵美)

本編2へ続く)




この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示