RSS

大学ってなんだ?

[Part2]ハリポタの舞台で「知の交流」を体験





クライストチャーチ・カレッジの夕食会/photo:Goto Eri

オックスフォードで最大規模のクライストチャーチ・カレッジは、哲学者ジョン・ロックや「不思議の国のアリス」の作者ルイス・キャロルが輩出した名門だ。16世紀の建物では映画「ハリー・ポッター」の魔法学校の場面も撮影された。学寮長の招きで毎週定例の夕食会に参加し、「会話もごちそう」という豊かな時間を過ごせた。


秘密通路のような狭い階段を上り、食堂に入る。ほの暗い照明の中、壁一面にかけられたカレッジゆかりの人物の肖像画が浮かび上がる。


席順は参加者の専門分野なども考慮して決められる。隣に誰が座るかでその日の話題も変わる。記者の関心分野に気をつかってくれたのか、隣には東洋学部の主任教授が座り、世界遺産の所有権の話題になって、ちょっと安心した。「大英博物館の貴重な文化遺産の多くは侵略の成果では?」とGLOBEの特集で取り上げた話題で水を向けると、教授は苦笑しつつ、アフガニスタンのタリバーン政権による世界遺産の破壊の話に触れ、「時の政権が文化遺産を破壊する権利があるのだろうか」。


周りをみれば、誰もが多彩なテーマで会話を楽しんでいる。学問共同体という大学の本来の姿を垣間見る思いがした。



(後藤絵里)

(次ページへ続く)

…続きを読む

この記事の続きをお読みいただくためには、購読手続きが必要です。
GLOBE総合ガイド
  • ログインする
  • ご購読申し込み

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル(フルプラン)」を購読済みの方は、ご利用のログインID・パスワードでGLOBEデジタル版の全てのコンテンツをお楽しみいただけます。「ログイン」へお進みください。
朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示