TOPへ
RSS

アメリカ睡眠事情

[Part1] [睡眠の重要性]眠らない日本人。理想は、7時間?8時間?

 

日本人の睡眠時間は、この半世紀で緩やかに減ってきた。NHKの国民生活時間調査(2010年)では、平日の睡眠時間は7時間14分。40~50代は6時間台と最も短い。調査方法が違うため単純には比較できないが、調査を始めた1960年より1時間ほど減っている。


 

これは世界の中でも短い。
経済協力開発機構(OECD)の調査(09年)では、日本人の1日の平均睡眠時間は7時間50分。1位のフランスより1時間も少なく、18カ国中、韓国に次いで2番目に短かった。


アジア太平洋小児科睡眠協会がジョンソン・エンド・ジョンソンの協力を得て、アジア太平洋17カ国・地域の0~3歳の睡眠時間を調べたら、日本の赤ちゃんは最短の11時間37分だった。


「夜型人間」も増えている。
前述のNHK調査では、60年に7割近くが夜10時半までに床についていたが、90年代半ば以降は3割に満たない。日本青少年研究所の調査(09年)では高校生の7割が午前0時をすぎても起きていた。


眠りたいのに眠れない人も多い。成人の5人に1人が不眠に悩み、20人に1人が睡眠薬を使っているとの報告もある。エスエス製薬が03年、処方せんなしで買える睡眠改善薬を市販したら、1カ月で年間目標を達成したという。


不眠は高齢化とも無関係ではない。
年をとるにつれて、「寝つきが悪い」とか「夜中に目が覚める」といった悩みをもつ人が増える。

「寝る時間はたっぷりあるのに眠れず、睡眠の質は悪くなっていく」と日本大学医学部・精神医学系主任教授の内山真(57)は言う。

 

昼間は交感神経がはたらいて活動的になり、眠りをとる夜間は副交感神経が優位になって心身を休ませる。これが人体の1日のリズムだ。 だが、夜型の生活が続くと交感神経が優位なままで、体の活動モードが続く。

 

「やがて本来の体のリズムが乱れ、心身にさまざまな変調が起こる」。滋賀医科大学・睡眠学講座の特任教授、大川匡子(69)は、そう指摘する。 自律神経やホルモンの異常は、高血圧や肥満、糖尿病などの生活習慣病を引き起こす恐れがある。また、寝不足はイライラや不安感を招き、深刻な場合はうつ病になりかねない。


心や体の不調を訴えるサラリーマンやOLは少なくない。労働安全衛生総合研究所の高橋正也(43)は「日本では寝ずに働く人がほめられ、睡眠は軽視されがちだ。だから不眠や睡眠不足におちいりやすいのでは」。会議でいつも眠くなる、週末は寝てすごす、という人はふだんの眠りに問題があるかもしれない。


眠りの質は個人の健康に影響があるだけではなく、社会全体の安全や安心をも左右しかねない。
米国に興味深い研究がある。被験者たちの睡眠時間を4時間、6時間、8時間に分け、ランプがついたらボタンを押すテストをした。2週間後、「6時間」の被験者は一晩徹夜したのと同じくらい反応が鈍り、「4時間」の被験者は二晩徹夜したのと同じ状態になっていたという。
「わずかな時間でも、睡眠不足が毎晩続くと注意力や判断力は明らかに低下する」と高橋は言う。最悪の場合、事故や労働災害につながってしまう。


理想の睡眠は、どんなものか?
カリフォルニア大学サンディエゴ校のダニエル・クリプケらは02年、睡眠時間と死亡リスクの関係を専門誌に発表した。 対象者が110万人を超える大規模な健康調査で、「3時間」から「10時間以上」まで日ごろの睡眠時間によって8グループに分け、6年の追跡期間が終わった時点の生死を調べた。睡眠時間を除く諸条件が同じになるよう統計処理して分析した結果、死にいたるリスクが最も低かったのは睡眠時間が「7時間」(6.5~7.4時間)のグループだったという。


意外なことに、これより睡眠時間が短いグループだけでなく、長いグループもリスクが増していた。中でも「10時間以上」のリスクが最大で、「7時間」に比べて男性で1.34倍、女性で1.41倍だった。


といっても、単に時間の長短だけで眠りの質が決まるわけではない。
日本大学の内山は言う。「朝型から夜日型まで、いろんな人がいて当然だし、夜も働く人がいるおかげで社会はなりたっている。みんなに8時間睡眠を強要するより、夜勤者が、夜勤明けにきちんと休めるように制度を整える方が大事だ」


一人一人が、眠りについて見直す必要もある。東京医科歯科大学名誉教授の井上昌次郎(76)によると、日本人の問題点は、睡眠について、昼間の活動の能率をあげるために誰もが横並びにとる休息ととらえてきたことにあるという。


「眠りは本来、個性的であっていい。それぞれが試行錯誤をして自分の眠りを見つけ、大切にしていくべきだ」

 

 

(青山直篤、後藤絵里)

 

(文中敬称略)

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

Editor’s Note 編集長 新創刊のあいさつ

このページの先頭へ