TOPへ
RSS

写真は死んでいくのか

輝き、取り戻すためには
戦争や災害の現場、スポーツの決定的瞬間、人々の喜びや悲しみ、そして、絵画のような風景――。さまざまな場面を切り取る写真は、見る者の心を揺さぶり、時に歴史や社会をも動かしてきた。ただ、デジタル技術が進むなか、真実を写し出すはずの「写真」は、茫漠(ぼうばく)たる「画像」の海に沈んでいるようにも見える。写真は輝きを取り戻せるのか。

Recent Issues 特集記事バックナンバーはこちら

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

Editor’s Note 編集長 新創刊のあいさつ

このページの先頭へ