TOPへ
RSS

[Webオリジナル]軌道を描いて ルポ編

[第1回] 「時」をめぐる旅  パリ、そしてロンドン


世界の「時」の中心はどこか。グリニッジ標準時(GMT)を思い浮かべて、ロンドン、と答える人が多いかもしれない。実は、パリである。GMTにとってかわった現在の世界標準時である協定世界時(UCT)は、パリにある国際度量衡局(BIPM)から世界に向けて発信されているからだ。(論説委員 辻篤子)


BIPMは、「時」だけでなく、重さや長さなどの単位を扱う国際機関だ。パリ郊外にある本部は、その名前から機能本位の無味乾燥な建物を想像したくなるが、全く違う。セーヌ川を見下ろす小高い丘の上に立つ、もとは王族の館だったいう瀟洒なシャトーである。メートル法の推進をめざしてメートル条約が締結された1875年に設立された。フランスは18世紀末にメートル法を提案するなど、単位の統一で世界をリードしてきた。BIPMの本部がパリに置かれるのも自然の成り行きだったに違いない。メートル原器やキログラム原器などもここにあり、3人が鍵を持つなど、厳重に管理されているという。

(上)BIPMの建物。もともとは王族の館だった(下)UTCはここから世界に発信される=いずれも辻篤子撮影

UCTといっても、ここにその時刻を示す時計があるわけではない。刻々と「時」を刻んでいるわけでもない。世界各国の原子時計合わせて約350個が示す「時」がここに集められ、その原子時計の数などを考慮して重みづけして平均したものがUCTだ。米国の貢献が最も大きく約3割を占める。1ヶ月ごとにその結果が各国に伝えられ、それに従ってそれぞれ時計を調整する仕組みだ。

国によって、UCTとの差はさまざまだ。むろん差が小さいほど、その原子時計が高精度であることを意味する。ボジミエシュ・レバンドフスキ博士が「成績表」を見せてくれた。最もよいのは、当然のことながら米国だが、「日本の情報通信研究機構(NICT)はトップクラス」と太鼓判を押してくれた。欧州でトップはポーランド、博士の出身国であり、指導の賜物だそうだ。

博士が、世界にUTCを発信している部屋に案内してくれた。「えっ、ここが」と拍子抜けするような小さな部屋だった。パソコンのディスプレーを前に、若い女性が座っている。驚いていると、「ここで複雑な計算をこなしているんですよ」と博士が、いたずらっぽい笑みを浮かべた。

博士によれば、「時」の革命は20世紀半ばに起きた。原子の固有の振動を利用する原子時計が登場し、それまでの天体観測による「時」の計測に代わって、「時」の主役になったからだ。「時は以来、天文学者の手を離れて、物理学者の手に移った」と博士。博士はむろん、物理学者である。「時」は部屋の中で計算するものになったのだ。

パリ天文台。こちらも歴史的な建物だ=辻篤子撮影

だが、UTCでも、天文学者の出番がなくなったわけではない。徐々に遅くなっている地球の自転とUTCが離れてしまわないよう、必要に応じて「うるう秒」が加えられることになっているからだ。それを決めるのは、天文学者の役割だ。国際地球回転事業(IERS)と呼ばれる国際機関が担当しており、その本部はパリ天文台に置かれている。こちらは、モンパルナスにほど近いパリの中心部にある。

現在、国際電気通信連合(ITU)の場で、「うるう秒」の廃止が議論になっている。調整がやっかいで、もし間違いが起きると大惨事にもつながりかねない、というのが理由だ。日本でも、時刻認証事業を行う会社は、「うるう秒」の入る日はビジネスを休むなど、影響は決して小さくない。もし廃止されれば、「時」は完全に天文学者の手を離れることになる。

それに反対しているのが、英国だ。パリからロンドンまで、今やユーロスターで2時間20分で結ばれている。しかし、ちょうどドーバー海峡をはさんで共通通貨のユーロが使えなくなるように、「うるう秒」廃止の提案もまた、海峡を越えるや壁にぶつかる。

英国で「時」を扱っているのは、ロンドン郊外、国立物理学研究所の物理学者たちだ。その一人、ピーター・ウィバリー博士は大陸の物理学者とは逆に、「時」を完全に物理学者にゆだねてしまうということは、天文観測によってつむがれてきた、人類の「時」の歴史を大きく変えることになる、と指摘する。そうした大きな変化を、技術的な観点からの議論で決めてしまってよいか、とも問題提起する。

やはりロンドン郊外のグリニッジ天文台では毎夕、暗くなった空に向けて1本のレーザー光線が放たれる。原初子午線はここに、と宣言している。BIPMが管理する国際単位系はフランス語でSIと表記されるように、フランスの影響が色濃い。英国にとって原初子午線を持つ意味は小さくないし、グリニッジ標準時(GMT)への愛着が強いことも容易に想像がつく。日本はもちろん、メートル法には背を向けている米国でも、「時」の基準は法律でUTCと定められているのに対し、英国の法律では依然としてGMTだ。「うるう秒」のおかげで、UTCとの差がほとんどないこともある。

もし「うるう秒」が廃止されたら、もはやUTCとは違う物になってしまうから、TI(国際時)と呼ぼうか、といった話もすでに出ているそうだ。SIにならった呼び方で、むろんフランス語だ。英国にとってはあまり面白くないことであることは間違いない。

決着は今のところ、2012年のITU総会とされている。

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

Editor’s Note 編集長 新創刊のあいさつ

このページの先頭へ