TOPへ
RSS

日米最高裁 少数意見が社会を変える I dissent.

未来へつながる ひとりの叫び

みんなで何かを決める時、多数の意見に反対するのは難しい。でも、ひとりの声が多数の声に変わることもある。とくに最高裁判所での「たったひとりの叫び」は社会のあり方を変えうる。思想も個性も違う裁判官同士のぶつかり合いから生まれる少数意見と多数意見は、社会の多様な声の反映だ。国が違ってもそれは同じだ。日本の最高裁の一つのモデルになった米国では、"I dissent"(異議あり)という声が時を経て主流の考えになることもある。日本でも社会を変える少数意見が増えてきた。日米の最高裁のいまを見た。

Recent Issues 特集記事バックナンバーはこちら

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

Editor’s Note 編集長 新創刊のあいさつ

このページの先頭へ