TOPへ
RSS

Memo01

人口増で、水不足さらに深刻に

世界中で8億8400万人が、「安全な飲料水」を利用できない――。ユニセフと世界保健機関による最新(08年版)の報告だ。世界の人々の8人に1人(13%)は、井戸、河川や湖沼など、汚染のおそれのある水源を利用している。

「安全な飲料水」といっても、日本人の感覚とは異なるかもしれない。住居まで届く水道を利用できるのは2人に1人(54%)程度にすぎない。井戸でも周囲からの汚染を防ぐためのフタなどがあれば、「安全」とみなされる。

世界全体では8人に1人が安全な水を飲めない
 

 

「水の安全」と密接な関係があるのが、トイレだ。世界では5人に1人(18%)、南アジアでは半分近く(48%)の人が、トイレがなく野外で用を足す。これが水を汚染し、「危険」にしてしまう。
ユニセフによると、安全な水と衛生施設の欠如が原因で、毎年、5歳未満の子ども150万人以上が死亡している。

日本では人口の100%、先進国全体では99%が「安全な飲料水」を利用できるのに対し、発展途上国では利用できない人口が16%。「サハラ砂漠以南のアフリカ」では42%にのぼる。

世界各地の「水不足」は、人口増や地球温暖化などによって、今後、より深刻化する。
1人当たり年間使用可能水量が1700トンを下回り、日常生活に不便を感じる状態を「水ストレス」という。国連は、06年で7億人である「水ストレス」人口が、2025年には世界人口の3分の2に達すると予測する。
500トンを下回れば「絶対的水不足」と定義されるが、2025年には18億人がその状態に陥るという。

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

Editor’s Note 編集長 新創刊のあいさつ

このページの先頭へ