TOPへ
RSS

特許バトルロイヤル

生き残る企業はどこだ

例えば、携帯電話を作るのには、数千の特許技術が重なりあう。1社が高度の特許を独占できる時代が終わりを告げるなかで、企業は国境を越え、時には有利な法廷を選んで相争い、時には双方にメリットのある関係を結ぶ。アジアでは、中国、韓国、そして日本が、水面下での神経戦を繰り広げる。単純な特許重視政策は過去のものとなった。「競争」と、「協調」と。企業の生き残りを賭けたせめぎ合いが始まった。

Recent Issues 特集記事バックナンバーはこちら

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

Editor’s Note 編集長 新創刊のあいさつ

このページの先頭へ