Editor's Note 編集長から

電力を巡る常識



あの送電線をたどると、どこに行き着くのだろう。子どものころ、自宅正面の山の上に立つ鉄塔をながめながら、ぼんやりと想像したものでした。


今やその送電網が海をまたぎ、世界中に張り巡らされています。国境を越えて電気を融通しあう時代。電力を巡る私たちの常識やエネルギー観も、今回の特集を機に見つめ直してみたいと思います。


Re:searchでは、自閉症の子を持つ記者が、欧米を訪れて現状を探りました。そこではいくつかの変化が起きているようです。



「国境を越える電力」はこちら

「自閉症を旅する」はこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?