Editor's Note 編集長から

医者とつきあう方法


今号の編集作業の最中に、近親者が8時間にわたる手術を受けました。幸い順調に終了。執刀医は疲れも見せず、結果を丁寧に説明してくれました。感謝の言葉しかありません。


人間の命や健康を直接左右するという点で、医者はやはり特別な存在です。その仕事を支えているのは何なのか。特集ではあえて「カネ」の面から光をあてました。


高齢化が進む日本で、どのような役割を医者に期待するのか。そのモチベーションを理解しながら考えていく必要がありそうです。


(今回の特集記事はこちらから)

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?