Editor's Note 編集長から

創刊9年目の「実験メディア」




新年最初の特集は、写真中心に構成しました。本編1のpart1に掲載した地図で見て取れるように、日本の外周部、つまり最も外国に近い場所の多くは「離島」と呼ばれる島々です。そこには、実に多様な風景と人々の暮らしが広がっています。


私事で恐縮ですが、一昨年夏、本編2に登場する長崎県の小値賀島や野崎島に旅行する計画を立てました。しかし台風のため前日にキャンセル。ゲラ刷りを見ながら、やはり行かなくては、と思いを新たにしました。


紙面に掲載したのは、編集部の迫カメラマンが、2015年を通じて撮りためた写真です。その前年には、やはり一年かけて、「日本の集落」を撮影し、年末の紙面に載せました。今年は何をテーマにするか、考えどころです。


GLOBEは今年で創刊9年目になります。従来の新聞とは一味違った「実験メディア」として、テーマに加え、デザインや文章にも工夫を続けていくつもりです。皆さまからのご意見、お待ちしています。



(今回の特集テーマは「島国の島々」です)





世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

PC版表示 | スマホ版表示