Editor's Note 編集長から

[匠の技術の標準化]





20年ほど前、大阪の中小企業の「ものづくり」について、連載記事の取材をしたことがあります。ある金型企業では、伸ばした小指の爪で製品のつなぎ目をなぞり、ミクロン単位のずれをチェックする技が使われていました。


そうした「職人技」をデータ化し、コンピューター制御に置き換えられないか。「匠の技術の標準化に挑戦したい」と当時の社長は語っていました。その後事業を広げ、最近では、今号の特集で取り上げた3Dプリンターも活用しているといいます。


「ものづくり」とコンピューター技術が深く結びつくと何が起きるのか。特集では3Dプリンターの「革命性」がどれほどのものなのかを探りました。表紙や各面の立体文字は、自費で買ってみた3Dプリンターで出力したものです。


ちなみに、今号から採り入れた「朝日コネクト」は、「紙」と「デジタル」をつなぐ試みです。ぜひ、ご活用下さい。



(今回の特集は「3Dプリンター」です)


世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

PC版表示 | スマホ版表示