Editor's Note 編集長から

[世論が浮き彫りにするもの]




GLOBE編集部は、朝日新聞本社ビルの中で、世論調査部と隣りあっています。世論調査の結果が紙面に載るのは月に1回ぐらいですが、部員がそろって打ち合わせを重ねている姿を頻繁に目にします。


今号の特集で「世論」をとりあげるにあたり、「打ち合わせ」の中身も尋ねてみました。調査の質問文づくりに時間をかける機会が多く、一言一句について、長時間にわたって議論しながら、固めているとのことでした。


確かに、自分が調査される側だとすると、質問のされ方次第で答えも微妙に変わってしまいそうです。「聞く内容の要点をきちんと押さえつつ、できるだけ分かりやすい文章にする。そのバランスの取り方が難しい」というのも分かる気がします。


特集では、様々な国で、世論と政治がどのように切り結んでいるのかを探りました。それぞれに、政治のありようを浮き彫りにしているように思います。




(今回の特集は「世論」です)



世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?