RSS

映画クロスレビュー

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

巨匠と考える台湾・香港映画の未来/強まる中国大陸の存在感~『台北ストーリー』

侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督=仙波理撮影



シネマニア・リポート Cinemania Report [#44] 藤えりか



中国語の映画といえば、1980~90年代は香港や台湾が主流だった。中国大陸が世界第2の映画市場へと躍進した今、香港映画界は元気をなくし、台湾独立支持派とみられた台湾俳優が中国映画から閉め出される事態も起きている。そんななか、台湾ニューシネマを牽引した2大監督、故・楊徳昌(エドワード・ヤン)と侯孝賢(ホウ・シャオシェン、70)がタッグを組んだ日本未公開の『台北ストーリー』(原題: 青梅竹馬/英題: Taipei Story)(1985年)が、4Kデジタル修復版として6日、公開された。来日した侯に、台湾・香港映画界の今、そして未来について聞いた。


『台北ストーリー』の舞台は、日に日に開発が進み、米国の影響も色濃い1980年代の台北。中国語で男女の幼なじみを指す原題『青梅竹馬』の通り、物語の中心は、幼なじみから腐れ縁となった阿陸(アリョン)と阿偵(アジン)の2人の男女だ。阿陸は、かつて将来を嘱望された野球少年だったものの、今は昔ながらの問屋街「迪化街」で家業の布地問屋を営む。一方の阿偵はビル街の不動産会社に勤めるキャリアウーマンで、昇進も間近だ。だが不動産会社が突如買収され、阿偵は解雇。阿偵は米国に移り住んで新しい暮らしを始めようと阿陸に持ちかけるが、過去の栄光や家業にこだわる彼は決心できない。次第に2人に溝が生まれてゆく――。

© 3H productions ltd. All Rights Reserved

阿陸を演じたのは侯孝賢その人。国民党の圧政に抗議した民衆が武力弾圧で大勢殺された1947年の2・28事件を、タブー視がなお続いた国民党政権下で描いてベネチア国際映画祭金獅子賞に輝いた『悲情城市』(1989年)など監督として名高いが、『台北ストーリー』では主演した。今作を監督し、脚本を侯と共同で書いた楊監督の発案だったという。


侯は振り返る。「楊監督とは当時すでに親しく、彼の家を訪ねてはいろいろなことを語り合った。その中で、彼は私のことを観察していたのだと思う。私も彼も中国大陸の出身だが、私と彼とでは家庭環境がかなり違った。私は庶民的な行事の多い田舎で育ち、(台湾で多く話されている)閩南(みんなん)語を話し、台湾の地元文化を吸収してきたため、大陸から渡ったというよりは、もともといる典型的な台湾人という雰囲気があった。そんな私のしぐさを楊監督が見て、阿陸役にぴったりだと思ったのだろう。そうして、『きみが演じてくれ』と彼に言われたんです」

阿陸を演じる若き日の侯孝賢 © 3H productions ltd. All Rights Reserved

楊監督は侯と並ぶ台湾ニューシネマの代表格。遺作となったカンヌ国際映画祭監督賞の『ヤンヤン 夏の想い出』(2000年)や、3月から4Kデジタル修復版が公開中の『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』(1991年)などで知られる。その辺りの背景については、『牯嶺街少年殺人事件』に主演の張震(チャン・チェン、40)インタビューを踏まえたシネマニア・リポート[#38]をご覧いただければと思うが、楊監督は映画監督になる前、フロリダで機械工学の修士号を取得、シアトルでコンピューター関連の仕事もして米国暮らしが長かった。


侯は言う。「この作品自体、楊監督の発案だった。米国にかなり長く滞在し、コンピューター分野でかなり実績を積みながらも、映画を撮りたいと台湾に戻ってきた楊監督は、かなり客観的に、距離を置きつつ台北の街を見ていた。台湾にずっといた私たちとはまた違った感覚を彼は持っていたと思う。英語のタイトルが『台北ストーリー』なのは、彼の目で見た台北の物語、という意味でしょう」

© 3H productions ltd. All Rights Reserved

撮影当時の台湾はなお、1949年から続く戒厳令下にあった。そうした台湾を司った総統府の前でバイクが疾走する場面が、今作にはある。侯は言う。「本来は許可なしで撮ってはいけない場所だったが、許可申請を出さずに撮った。総統府は、当時の台湾を象徴する記号の一つ。その前をぐるりと撮影することに、楊監督はかなり風刺的な意味を込めたと思う。台湾の外にいた彼ならではの鋭敏な感覚だろう」。ちなみに、許可なく撮りきることができたのは、「いつもいる警官がたまたまいなかったから」だそうだ。「後日ニュースで知ったのだが、その日はちょうど大きな犯罪組織の摘発があり、警官はみんなそっちに動員されていた。おかげで2~3回撮れたよ」と侯は笑った。


公開当時、台湾の人たちはどう受け止めたのだろう。聞くと、「4日で打ち切りになったよ」と侯は笑った。え、4日で! 「楊監督は時代の先を走りすぎていて、芸術性も高すぎて、当時の観客には受け止めきれなかったのだと思う」



Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

Editor’s Note 編集長から