RSS

映画クロスレビュー

[第109回]『ブリッジ・オブ・スパイ』

冷戦下に苦闘する弁護士





みどころ


米ソ一触即発の冷戦下、ルドルフ・アベル(マーク・ライランス)がスパイ容疑で米当局に拘束された。ジェームズ・ドノヴァン(トム・ハンクス)はためらいつつも、「誰しも裁判を受ける権利がある」と弁護を引き受ける。米国民の非難を受けるドノヴァンは、寝返りを拒絶するアベルに共感する。そんな中、U2偵察機がソ連領空で撃墜され、パイロットがソ連に拘束される。実話に基づきコーエン兄弟らが脚本化。(2015年、米、スティーヴン・スピルバーグ監督、全国順次公開中)




〔公式サイトはこちらからどうぞ)



[Review 01] 金原由佳 評価...★★★(満点は★四つ、▲は★半分)

深い示唆のあるスパイ映画

 

S・スピルバーグは「救出」を描く達人だ。ただし、『E.T.』の地球外生命a体を助けたのは子どもで、『シンドラーのリスト』で1100人ものユダヤ人を救った男が奔放なプレーボーイだったように、誰かの命を救うのは国家ではなく、一市民。本作でその任務を負うのは、ロシアのスパイ、アベルの弁護を請け負うジェームズ・ドノヴァンだ。


スピルバーグはいつも、「なぜ、助けるのか」の心理面より、「どう助けるか」の行動を追う。そこが物足りなく感じる面でもあるが、観客が劇中の状況をわが身と置き換えられる余地が多い。


アメリカの伝説をブラックなホラ話に仕立ててきたコーエン兄弟の参加で、ドノヴァンの人となりを表す脚本上の小技が効いている。世論がスパイの極刑を望む中、アイルランド系移民の彼はドイツ系のCIA職員に、多民族からなるアメリカだからこそ、安易な愛国心に走らず、憲法に基づく規則は重要だと主張する。



冷戦の最中、東側に向けられる米国民のヒステリックな憎悪は、ドノヴァンの家族にも及ぶが、その構図は現在アメリカで増長しつつあるイスラム教徒への排他的な空気と重なり合う。実直なイメージのトム・ハンクスの徒労感を描く地味なスパイ映画だが、その示唆は深い。


だからこそ、やはり、ドノヴァンの思想の元を探りたくなる。スピルバーグは当初、キューバ危機で重大な任務を担うドノヴァンの奮闘を描こうとしていたという。続編を期待していいだろうか。





Kimbara Yuka

著書に「ブロークン・ガール」。取材・構成した「伝説の映画美術監督たち×種田陽平」がスペースシャワーネットワークより発売中。










[Review 02]クラウディア・プイグ 評価...★★★▲


緊張高まる冷戦下の実話に基づく物語ながら、今日的な作品だ。疑心暗鬼が横行するさまは、世界的なテロの脅威が新たな日常となった現代と響き合う。


緻密(ちみつ)な構成が冒頭から緊迫感を醸し出し、観客を終始とらえて離さない。寡黙な男が自画像を描く場面から始まるのは、えたいの知れないスパイを扱う映画の象徴として逆説的に選び取ったのだろう。コーエン兄弟の明敏な脚本により、作品の厳かな質感が、この道義的に複雑な物語の強烈さや高まるサスペンスと対比をなす。だが何より観客をすっかり釘付けにするのは、スパイと弁護士を演じるマーク・ライランスとトム・ハンクスだ。ともに平静さと礼節を兼ね備え、渋々ながらも互いに敬意を抱くようになるさまを見事に演じた2人の演技は賞に値する。


(原文)

Bridge of Spies (*** ½ out of 4) opens with a taciturn, bespectacled man, in dress shirt and pants, painting a self-portrait. It’s a symbolically paradoxical choice since this compelling film deals entirely in cloaking one’s identity.


Within minutes, the bookish-looking man (an excellent and understated Mark Rylance) is dramatically arrested in his drab apartment, hair askew and clad in his underwear. Yet he remains unfailingly calm. We sense he’s smarter than the half dozen FBI agents who come to apprehend him and search his apartment. Revelations come slowly, and sometimes not at all in this beautifully rendered film, based on a true story, set at the height of the Cold War in 1957.


Director Steven Spielberg gives audiences a meticulously composed espionage thriller, which establishes a tense atmosphere from the start and keeps the viewer engaged throughout.


The production design aids the sense of period authenticity, but it’s the two lead performances—by Rylance and Tom Hanks in top form as a savvy insurance attorney thrust into the world of spies—that keep us thoroughly riveted.


Rylance is identified as Soviet spy Rudolf Abel and Hanks pays Jim Donovan, a Nuremburg prosecutor and former criminal attorney, who is tapped to defend Abel by the American Bar Association. The presumption is that Abel will be convicted. It must look, however, as if the American judicial system is giving the accused spy fair representation. Donovan is told by the head of his law firm he can’t refuse to represent Abel, accused of selling atomic secrets to the Russians.


Donovan’s wife and family are upset over the impending bad publicity.

“He’s probably the most unpopular man in the country and you’re trying to take second place,” complains his wife Mary (Amy Ryan)

“I’m not for the Russians spying on us, I’m for his right to have a defense in a court of law,” explains Donovan, a hard-working and decent family man. Because he’s a man of principle he actually devotes serious effort to represent Abel, which is not what he was hired to do.


Abel is almost maddeningly even-tempered.

Donovan tells Abel he faces execution: “You don’t seem alarmed.”

“Would it help,” Abel asks with quiet irony.

The two men, who share a stoicism and civility, develop a grudging respect for one another. Hanks and Rylance play the characters consummately.


A key element in the power of the story--which involves a compelling prisoner exchange-- is the sharp screenplay, co-written by filmmakers Joel and Ethan Coen. The film’s stately quality is an intriguing counterpoint to the mounting suspense and intensity of this morally complex tale. Loyalties are established, leveraged and bridged.


Paranoia permeates this fascinating saga, which has a contemporary resonance as global terror threats have become the new normal.


Bridge of Spies is gripping, intelligent and relevant, anchored by a pair of awards-worthy performances.




Claudia Puig

米公共ラジオNPRの映画番組レギュラー解説者。米紙「USA Today」で1997年から映画業界を取材、2001~15年5月には主任映画評者を務めた。

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示