RSS

映画クロスレビュー

[第36回]『思秋期』

何度も傷つき、最後に救いはあるのか

[ みどころ ]

妻に先立たれたジョセフ(ピーター・ミュラン=写真上右)は失業中で、飲んだくれる日々。酒に酔っては自分を抑えきれず、大暴れを繰り返す。ある日、いつものようにいざこざを起こしたジョセフは、ハンナ(オリヴィア・コールマン)と出会う。明るい彼女の存在はジョセフの心を癒やしていったが、彼女もまた闇を抱えていた。それはやがて、衝撃的な事件へと発展する――。俳優としても有名な監督の長編デビュー作。


(2011年、パディ・コンシダイン監督、英国、20日から全国順次公開)




[ Review 01 ] 樋口尚文 ★★★(満点は★四つ、▲は★半分)


映画の中ではどんな人物にだってお目にかかれそうなのに、「勝手にしやがれ」のセリフではないが、本当に「最低ね」と思う人物にはなかなか出会えない。もちろん「冷血」(1967年、リチャード・ブルックス監督)の昔から映画はサイコ・キラーには事欠かないし、最近の「アウトレイジ ビヨンド」(北野武監督)のように、ぞろぞろ出てくるようなアウトローを描いた映画もたくさんある。


だが、こういった作品の数々に出て来る「最低の男」は特異な犯罪者や特殊な裏社会の住人であるため、どこか「対岸の火事」を眺めて楽しむような気楽さがある。


しかし、…続きを読む

この記事の続きをお読みいただくためには、購読手続きが必要です。
GLOBE総合ガイド
  • ログインする
  • ご購読申し込み

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル(フルプラン)」を購読済みの方は、ご利用のログインID・パスワードでGLOBEデジタル版の全てのコンテンツをお楽しみいただけます。「ログイン」へお進みください。
朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示