RSS

私の海外サバイバル

最後は何とかなるロシア@ユジノサハリンスク(ロシア)

[第141回] 阿部大祐

北海道サハリン事務所主査

【ON】

ユジノサハリンスク駅前にはレーニン像がそびえる=写真はいずれも浅倉拓也撮影

北海道サハリン事務所は、1998年に道とロシア・サハリン州が調印した「友好・経済協力に関する提携」に基づき、2001年に開設されました。北海道庁からの2人と地元の北洋銀行からの1人に加え、現地スタッフが働いています。日本から知事や民間の企業・団体の方などがこちらを訪れる時に、関係するサハリン州の各機関と調整し、必要に応じて通訳や交通手段を手配したり、訪問先に同行したりして、サポートするのが主な仕事です。


気候が似ているため、ビジネス分野では、建材や防雪・除雪関係の製品を扱っている企業がよく来られます。サハリン州だけではそれほど大きな市場規模ではありませんが、こちらで良いパートナーを見つけて、大陸部の方まで販路を広げている企業もあります。官民が一緒になって見本市に出展するなど、私たちも道内企業のため、可能な限りのお手伝いをしたいと考えています。

北海道サハリン事務所や日本総領事館があるユジノサハリンスク市中心部のビル

私は北海道旭川市の出身です。東京の大学を卒業した後、2年ほどぶらぶらしていた時期があり、その間に3カ月ほど韓国に滞在し、海外に興味を覚えるようになりました。韓国語は日本語に近いので、その3カ月間で現地の友人の会話にも入れるようになりました。もともと言葉は好きな方で、ロシア語も独学で覚えました。


道庁職員になってから、外務省ロシア課に2年間出向し、モスクワの日本大使館でも勤務しました。モスクワと比べてサハリンは、日本を身近に感じてくれていますし、田舎らしい優しさというか、何か頼めばすぐ聞いてくれるようなところがあります。こちらの人は考え方がゆったりしていますが、いざとなると応用力を効かせて、問題を解決してくれるのです。日本人のように事前に細かい計画は立てないけど、アクシデントがあった時には、最も合理的な方法で、素早く対応しようとする。そういうのは感心します。


私がこちらに来て学んだのは、相手のロシア人を信じることです。どうせ最後には何とかなるんだから、と。相手が「決まってない」というなら、待つしかない。心配しても仕方ない。鷹揚(おうよう)というか大雑把になりましたね。


実は、私の祖母はここで生まれ育っています。日本領の樺太だった1932年に生まれ、1948年に北海道へ引き揚げました。私が子どものころ、寝るときに布団の中で、樺太の話をよくしてくれました。戦後、日本に引き揚げるまでの間、実家の半分をソ連軍に接収され、将校の家族と一緒に住んでいた時期もあったそうです。学校は朝鮮人、ロシア人、アイヌの子どもたちと一緒で、祖母もロシア語は話せたようです。祖母にとって樺太の生活はそれなりに楽しかったようですね。ロシア人の悪い話は聞いたことがありませんでした。サハリン事務所への赴任が決まった時、祖母の生地に近づけるのでうれしかったです。

日本統治時代に樺太庁博物館として建てられ、日本的な外観を残すサハリン州郷土博物館


Daisuke Abe

あべ・だいすけ/1982年、北海道出身。道庁職員として外務省出向などを経て2017年から北海道サハリン事務所に勤務。

北海道サハリン事務所の前に立つ阿部大祐さん。市中心部だが背後にはスキー場が見える
(次ページへ続く)

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Back number | バックナンバー

[第141回]ユジノサハリンスク(ロシア)  阿部大祐/北海道サハリン事務所主査

[第141回]ユジノサハリンスク(ロシア)
阿部大祐/北海道サハリン事務所主査

[第140回]ジャカルタ(インドネシア) 宋知勲/Shinta VR 創業者

[第140回]ジャカルタ(インドネシア)
宋知勲/Shinta VR 創業者

[第139回]ポルトープランス(ハイチ) 橋本謙/ハイチ保健省技術アドバイザー

[第139回]ポルトープランス(ハイチ)
橋本謙/ハイチ保健省技術アドバイザー

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示