RSS

私の海外サバイバル

[第111回]ディリ(東ティモール)

伊藤淳子 NPO法人パルシック東ティモール事務所代表

良質なコーヒー豆づくり ゼロから支援






ON

天日干ししながら、コーヒー豆をより分ける地元農家の人々 
photo:Ito Junko

地元のコーヒー生産者を支援し、良質なコーヒー豆をフェアトレードで日本に送る活動を2002年から続けています。東ティモールで輸出作物の9割以上を占めるコーヒーの生産を支えることで、人々の経済的自立につなげたいと思っています。


首都ディリの南75キロにあるマウベシ郡という地域で協同組合をつくり、約500世帯のコーヒー農家が参加しています。最初は原始的な加工法しかなく、私たちが機材を提供し、技術指導を重ねました。熟した実をより分け、洗浄や乾燥を丁寧にすることなどで品質を向上させ、年100トンを出荷できるようになりました。


長く他国の支配下にあり、自分で責任を持って決定しやりとげるという経験が乏しかったため、協同組合の運営は大変です。組合を自立させる役割を担う私の存在が、組合員の依存心を生んでしまっている面もあり、悩ましいです。組合資産の分配をめぐるいざこざもありました。


それでも、ゼロから何かを始めるだいご味はたまらない。生産者たちが「東ティモール」と産地名の入った麻袋を目にしたときや、日本の消費者からの「おいしい」という評価を耳にしたときの、彼らの誇らしげな顔は忘れられません。



いとう・じゅんこ

1974年、東京都日の出町生まれ。上智大学在学中に、インドネシア研究の故・村井吉敬教授に師事し、インドネシア農村社会に暮らす人々に関心を持つ。2001年に大学院を修了。


…続きを読む

  • ログインする

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Back number | バックナンバー

[第140回]ジャカルタ(インドネシア) 宋知勲/Shinta VR 創業者

[第140回]ジャカルタ(インドネシア)
宋知勲/Shinta VR 創業者

[第139回]ポルトープランス(ハイチ) 橋本謙/ハイチ保健省技術アドバイザー

[第139回]ポルトープランス(ハイチ)
橋本謙/ハイチ保健省技術アドバイザー

[第138回]コロール(パラオ) 塔野太/パラオ現地マネージャー

[第138回]コロール(パラオ)
塔野太/パラオ現地マネージャー

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示