RSS

株式会社「美ら地球」代表取締役 山田拓がつくる「クールな田舎」


飛驒地方の中心、高山からさらに3駅。飛驒古川(岐阜県飛驒市)は、白壁土蔵が並ぶ、風情ある町だ。東京や大阪からのアクセスは悪いが、近年、欧米などの観光客の姿が目立つ。


7月、山あいの青々とした水田を背に、アイルランドとノルウェーの若い男性2人が、写真を撮りあい、ほほえんだ。「これこそ日本だ」 マウンテンバイクに乗る彼らと一緒にいるのは、米国の大学で学んだ日本人ガイド。時々立ち止まっては、古民家、わき水、稲作、神社など地域の文化を、流暢な英語で、楽しませながら説明した。


「なんもない」。地元の人がそう言う風景に可能性を見いだしたのが、山田拓(42)だ。山田が同市で経営する株式会社「美ら地球(ちゅらぼし)」は、英語を話すガイドと古い町並みや里山をめぐるツアー「SATOYAMA EXPERIENCE(里山体験)」を提供。サイクリングは3時間半のコースで7600円と安くはないが、昨年度の利用客は約3300人。8割が外国人だという。


「クールな(かっこいい)田舎をプロデュースする」。これが山田のめざすところだ。田舎がかっこよくなれば、若い人が住みたくなる。失われつつある地域の暮らしや伝統、風景も守られ、さらに魅力が高まる。「美ら地球」のスタッフ約15人の大半は都市部などからの移住者で、海外生活を経験している。


山田は奈良県生駒市のベッドタウンで生まれ育った。子どもの頃から海外への関心は強く、大学では北米発祥のスポーツ、ラクロスに熱中。大学院を修了後、米国系大手経営コンサルティング会社に就職した。入社間もなく社内の人事交流プログラムに選ばれ、米テキサス州のオフィスに赴任した。


同期入社で、IT企業「モンスター・ラボ」創業者の鮄川(いながわ)宏樹(42)は、「同期でも存在感があった」と山田を評する。おかしいと思うことは、先輩にもはっきり言う。「それって、何のためにやるの?」。本質的な問いをよく口にした。私生活も大事にし、オフにはサーフィンやスノーボードを楽しむなど、憧れだったアメリカ生活を満喫していた。


ただ、生き馬の目を抜くような米国のビジネスの世界は甘くない。生き残るためには、まず社内で自分を売り込み、自ら仕事を得ることが必要だった。せっかく声をかけられても、つたない英語で電話の会話がしどろもどろになり、ガチャン。人事担当者らに積極的にアピールし、ようやく仕事を得た。約1年半の米国勤務で「ミッション達成のために、やれることは何でもやってみるという気持ちのあり方が身についた」。



(次ページへ続く)

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示