RSS

[No78] 牧野正幸/Makino Masayuki デスクに長居はしない。考え抜く時、隣にある窓のないラウンジにこもる。

3月下旬の夜、東京・赤坂のワークスアプリケーションズ本社。リクルートスーツを着た約300人の学生たちが、講師役の社員を見つめていた。笑顔の人、疲れた様子の人。7日間のインターンシップの最終日、成績が発表されていくと、学生たちの顔にはさまざまな表情が浮かぶ。


その一人、広沢篤紀(24)は、体を震わせて泣いていた。成績が悪かったのか? 「いえ、僕はA評価ですが、入社パスをもらえなかった仲間がいて」。つい数日前に出会ったばかりの仲間のために悔し泣きしていたのだ。


問題解決能力をもつ人材を発掘しようと、ワークスがこのインターンシップを始めたのは2002年。「理想の時計をつくれ」といった課題を学生に与え、ゼロから自分で考えてもらう。成績上位の学生には、卒業後の1年間、好きな時に入社できるパスが与えられる。


日本でフェイスブックやアップルが出てこないのは、優秀な人材が集まらないからだ――。ワークス最高経営責任者(CEO)の牧野正幸(49)は、そう考えている。「ゼロから新しい価値をつくり上げるような、めちゃくちゃ優秀な人材が活躍できる会社にしたい」


米国の調査会社が45カ国で実施する「働きがいのある会社」ランキングの日本版で、ワークスは昨年と今年、グーグルに次いで2位に選ばれた。企業向けの人事・会計パッケージソフトの開発・販売という裏方的な会社でありながら、日本マイクロソフトや三井住友銀行などの有名企業よりも高い評価を得ている。


ポンと3000万円

…続きを読む

この記事の続きをお読みいただくためには、購読手続きが必要です。
GLOBE総合ガイド
  • ログインする
  • ご購読申し込み

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル(フルプラン)」を購読済みの方は、ご利用のログインID・パスワードでGLOBEデジタル版の全てのコンテンツをお楽しみいただけます。「ログイン」へお進みください。
朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示