TOPへ
RSS

Break-through 突破する力 藤倉大

今年5月、活動拠点のロンドンから一時帰国した作曲家藤倉大(32)は、ラッシュ時の東京駅にいた。山手線と京浜東北線が同じ方向に走る5、6番線。
出発を知らせる電子音が重なると、騒々しい不協和音が通勤客を包み込んだ。
「不快な騒音そのもの。頭の中にこびりついてしまう」
日本人作曲家の管弦楽作品の優秀作に贈られる尾高賞を今年受賞し、世界各地の音楽祭やオーケストラから作曲の依頼が相次ぐ。そんな若手作曲家のトップランナーが東京駅に来たのは、欧州の鉄道にはないホームの騒音を音楽的に解決する方法を探ってみたかったからだ。
藤倉の「解決策」は、こうだ。まず、どんなタイミングで重なっても心地よい音の組み合わせを考える。その限られた音だけで音楽を作れば、騒音にはならない。
電子音ではなくホームごとに楽器を変えて生の音を使えば、視覚障害の人が聞き分けることも容易になるはずだ……。
藤倉はいう。ホームのような偶発的(アクシデンタル)な騒音と、計算された「不協和音」は違う、と。不協和音は、時代とともに進化するのだ。
「いま、ピカソの絵をだれもおかしいといわないのと同じ。癒やし系のラヴェルやドビュッシーの曲も当時は不協和音だった」
自分の求める新しい音は、いま耳障りに聞こえても、未来の聴衆には心地よく響くはずだと確信する。

ロンドン郊外にある自宅は、築200年以上の民家を改造したアパート。ブルガリア人で元チェロ奏者の妻ミレナが、勤務先の幼稚園に出かけた後、夕方に帰るまでの間が仕事の時間だ。「作曲は時間の投資」と割り切り、大曲から小品まで、同時並行で書く。「締め切りを守る唯一の作曲家」を自称するが、出だしを書き始めるまで1カ月くらいかかることもある。「その間、テレビコメディーのDVDをぽーっと見ている」
打開策は20分活用法。ロンドンの地下鉄、パスタをゆでる間、風呂を入れる間の細切れの時間に書く。いったん集中すると、周りの音が聞こえなくなる。パスタは伸び、風呂はあふれる。
曲は手書きしたものをコンピューターに打ち込み、印刷したものを持ち歩き、書き足す。手書きだと一見、オリジナリティーにあふれているようにみえる「譜面」を客観的に見る手段でもある。

万博記念公園に近い大阪・千里丘。藤倉は駅近くのマンションで中学卒業まで過ごした。父勝弘は看護教育で全国を回るが、家に戻るとまずピアノに向かう音楽好き。大学時代、ピアノバーで学費を稼ぎ、音楽学校にも通った。母尤子もピアノを弾く。藤倉は、5歳でピアノを始めたころから絶対音感があり、どんな物音も「重なった音符」で示すことができた。小1のとき、両親にねだった。「グランドピアノを買ってほしい。音とタッチが違うから」
相愛大の子ども用英才教育などで力を伸ばしたが、時に型にはめられるのをいやがり、反発することもあった。
「自分の曲なら、自分の好きなように演奏できる。作曲家になろう」
そう本格的に思ったのは中1の頃だ。得意な3科目だけで大学に入れると知り、英国を目指した。「その分、音楽に時間を使えるから」
父親は「留学は大学を出てから」と思っていたが、本人の意思は固かった。英国のサマースクールで英語を学び、中3の夏、音楽教育に力を入れる英ドーバー・カレッジ(寄宿学校)で自作とベートーベンのソナタを弾き、合格した。「英国でも、僕くらい真剣に音楽家になろうと思っていた生徒はいなかった」と振り返る。
学生時代から国際的な作曲コンクールで優勝し、注目されたが、作曲だけで食べていくのは難しい。親の仕送りに加え、近所の子どもにピアノを教えながら、作曲を続けた。

(次ページへ続く)

自己評価シート

 

 

 

自分にどんな「力」が備わっているのか。
何が強みなのか。
編集部が選んだ10種類の力を提示したところ、
ランク付けより、◎○△を希望した。

 

 

 

 

藤倉大(ふじくら・だい)作曲家

1977年、大阪生まれ。
5歳でピアノを始める。15歳で単身、渡英。作曲家ジョージ・ベンジャミンらに師事。98年、ポーランドのセロツキ国際作曲コンクール優勝。03年、武満徹作曲賞2位。04年、英ロイヤルフィルハーモニック作曲賞。06年、英BBCプロムスに初登場。09年、ピアノ協奏曲(独奏・小川典子)をロンドン、名古屋で初演。尾高賞を受賞。

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

Editor’s Note 編集長 新創刊のあいさつ

このページの先頭へ