RSS

世界の書店から

階級社会英国のホンネが見えるサイコスリラー

[第210回]園部哲 翻訳家

『The Dry』。オーストラリアの大干ばつの被害を被った町が舞台。20年前、主人公のアーロン・ファルクは父親と共に、故郷の町キエワラを立ち去った。エリー・ディーコンの自殺が、実はアーロンによる殺人だという噂がたったためである。少年時代の親友ルークの葬儀のために故郷へ戻るアーロン。彼は今ではメルボルンの警官だ。干ばつのために経済的に破綻したルークは、妻と息子を射殺して自分も命を絶った、というのが公式なストーリーだったが、ルークの両親はそれを信じておらず、アーロンに調査を依頼する。地元の警官と仕事を進めていくうちに、その公式説明が次第に疑わしく見えてくる。と同時に、20年前無実の罪を着せられそうになったエリーの事件の不可解さも浮上してきた。


著者の処女作にしてオーストラリアで大ヒットの本作、すでにヨーロッパでは英仏独でベストセラー。


Sonobe Satoshi

1956年生まれ。翻訳者。通算20年余のロンドン暮らし。訳書にパンカジ・ミシュラ『アジア再興』(白水社)、バーバラ・デミック『密閉国家に生きる』(中央公論新社)など。インスタグラム: satoshi_sonobe



(次ページへ続く)

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Back number | バックナンバー

[第214回]宮家あゆみ ライター・翻訳者 ヒラリー「敗北」を語る

[第214回]宮家あゆみ ライター・翻訳者
ヒラリー「敗北」を語る

[第213回]戸田郁子 作家、翻訳家 首都の文化遺産を辿る@ソウル

[第213回]戸田郁子 作家、翻訳家
首都の文化遺産を辿る@ソウル

[第211回]浅野素女 ライター 「ケネディの弟」の物語 @パリ

[第211回]浅野素女 ライター
「ケネディの弟」の物語 @パリ

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示