RSS

世界の書店から

[第198回]「病は気から」???@ミュンヘン

美濃口坦 翻訳家兼ライター



photo: Semba Satoru

ドイツでは、カバレットとよばれる世相を風刺する話芸が舞台や飲み屋で盛んに披露される。『Wunder wirken Wunder(奇跡が奇跡をうむ)』の著者エカート・フォン・ヒルシュハウゼンは医学博士で、医療をテーマにする「医学カバレット」という新しい分野を開拓し、テレビで健康関係のクイズ番組の司会をつとめる。


人気者で、書く本もかならずベストセラーになる。本書も昨年10月に出版された途端1位に躍り出て、それ以来18週間もトップの座を維持したままである。


著者が子どものころ、転んで泣くと母親がやさしく抱いて「ほら痛いのが飛んでいく」といって息を吐き出して手のひらにある「痛いの」を吹き飛ばしてくれたという。本当は「痛いのが飛ばない」からといって、子どものために「言葉の力」を利用しないのはおかしいと著者はいう。


「言葉の力」の例証として著者が挙げるのは、プラセボ(偽薬)効果だ。第2次大戦中の野戦病院でモルヒネが足りなくなって困った看護師が、激痛に苦しむ兵士に生理食塩水を注射して「強い薬ですぐに効く」というと、鎮痛効果があらわれたことが知られている。著者は、最近のプラセボ効果の研究を踏まえて、有効成分を含む本物の薬が上げている効果の30~40%は「言葉の力」なのだと主張する。


著者が目指しているのは、科学的西洋医学と、民間医療や東洋医学などの代替医療との間に橋を架けることだという。


ただし、この試みは必ずしも成功しているとは思えない。というのは、人間の身体に備わっている自然治癒力が代替医療では重要なはずだが、本書では軽視されているのだ。


それは、題名にある「奇跡」からも、「どのように医療と魔術が病を治すか」という副題からも察することができる。どちらも病を得たりけがをしたりした人間が誰か特別な能力の持ち主に治してもらうことを期待していることになる。自然治癒力からはほど遠い。



(次ページへ続く)

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Back number | バックナンバー

[第220回]戸田郁子 作家・翻訳家・編集者 米中戦争の危機描く@ソウル

[第220回]戸田郁子 作家・翻訳家・編集者
米中戦争の危機描く@ソウル

[第219回]宮家あゆみ ライター・翻訳者 人間ダ・ヴィンチに迫る@ニューヨーク

[第219回]宮家あゆみ ライター・翻訳者
人間ダ・ヴィンチに迫る@ニューヨーク

[第218回]泉京鹿 翻訳家 「野次馬」たちの大騒動@北京

[第218回]泉京鹿 翻訳家
「野次馬」たちの大騒動@北京

[第217回]浅野素女 ライター カミュと女優の書簡集@パリ

[第217回]浅野素女 ライター
カミュと女優の書簡集@パリ

[第216回]園部哲 翻訳家 ブレグジットのやめ方@ロンドン

[第216回]園部哲 翻訳家
ブレグジットのやめ方@ロンドン

[第215回]美濃口坦 翻訳家兼ライター EU官僚の実像を描く@ミュンヘン

[第215回]美濃口坦 翻訳家兼ライター
EU官僚の実像を描く@ミュンヘン

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示