RSS

世界の書店から

[第193回]綱紀粛正が強まるいま@北京

泉 京鹿 翻訳家




北京のベストセラー(ノンフィクション部門)

『開巻』2016年11月14日~11月20日ベストセラーリストより



『 』内の書名は邦題(出版社)


1. 好嗎好的

大冰

善意は一つの選択である。ベストセラー作家が旅先で出会った善意の人々の物語。


2. 中国共産党的九十年

中共中央党史研究室

1921年から2012年の中国共産党の歴史を60万字余り、全3巻にまとめた。


3. 目送(父を見送る 家族、人生、台湾天/白水社)

龍應台

台湾の作家で前文化部長の著者が、移ろいゆく人生と肉親への思いをつづる。


4. 天才在左 疯子在右

高銘

メディアプロデューサーが四年がかりで向き合った「国内初の精神病患者取材手記」。

  

5. 白説 

白岩松 

CCTV人気キャスターが自身の講演記録を振り返りつつ、今を語る7冊目の著書。


6. 我們仨(別れの儀式 楊絳と銭鍾書 ある中国知識人一家の物語/勉誠出版)

楊絳

当代一流の作家夫婦、最後まで親孝行だった娘。激動の世紀の佳話。


7. 親愛的安徳烈(親愛なるアンドリュー)

龍應台・安徳烈

3.の著者・龍応台と息子が世代、文化のギャップを見つめた往復書簡集。


8. 孩子你慢慢来

龍應台

子育ての葛藤と幸せを綴ったロングセラー。3、7と共に「人生三書」と呼ばれる。


9. 乖、模模頭 

大冰

人生を旅するさまざまな人々の想像を絶する愛情、決意を紡いだ短編集。


10. 阿弥陀佛么么噠 

大冰          

ミリオンセラー『乖、模模頭』の著者によるエッセイ風短編小説集。



この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Back number | バックナンバー

[第214回]宮家あゆみ ライター・翻訳者 ヒラリー「敗北」を語る

[第214回]宮家あゆみ ライター・翻訳者
ヒラリー「敗北」を語る

[第213回]戸田郁子 作家、翻訳家 首都の文化遺産を辿る@ソウル

[第213回]戸田郁子 作家、翻訳家
首都の文化遺産を辿る@ソウル

[第211回]浅野素女 ライター 「ケネディの弟」の物語 @パリ

[第211回]浅野素女 ライター
「ケネディの弟」の物語 @パリ

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示