RSS

世界の書店から

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

[第191回]父親不在の幼年時代@ミュンヘン

美濃口坦 翻訳家兼ライター



photo: Semba Satoru

『Raumpatrouille(宇宙パトロール)』の著者のマティアス・ブラントは1961年生まれの著名な俳優。60年代後半から、当時の西ドイツの首都・ボンで過ごした幼年時代を題材にした自伝的小説で、読み応えがある。初めての小説とはとても思えない。


主人公の少年が住む郊外の「白い家」には、庭に警備の警官の詰め所があった。なぜなら父親のウィリー・ブラントは外相を務め、その後首相を歴任した政治家なのだ。多忙な父親は小説の中であまり登場しない。有名な父親を思い浮かべてしまうドイツの読者より、日本人の読者の方が父親不在の幼年時代を描いたこの小説の世界に入っていきやすいかもしれない。


装丁は、宇宙服を着た少年が河畔に立っている図柄だ。横に座っている犬は主人公の3歳の誕生日からいっしょに暮らし、独りでいることが多い主人公に対して強い保護本能をもつ。一度など頭をなでられるのが嫌いな主人公の気持ちを察して、「子供好き」を演じる外務省の役人の急所にかみついた。


主人公は、3人の宇宙飛行士を乗せたアポロ11号が人類初の月面着陸に成功したことに感動して、教科書のためのお金で宇宙服を買った。その後、何週間もボロボロになるまで着たのだが、その間、彼は自分を「4人目」の宇宙飛行士だという空想にひたっていた。誰かに憧れ、「自己同一化」するのは、子供にはよくある。


主人公のもう一つの特徴は、「自分が存在しているというのは錯覚で、どこか高い場所から自分を眺めているだけだ」という離人感に襲われる点だ。心理学では現実喪失につながると心配される症状だが、そうならなかったのは、現実の自分からの遊離を鋭く意識したからである。


著者は、どんな役にもなりきれる俳優として強烈な印象をあたえるが、一方で日常生活ではまったく目立たない人なのだそうだ。小説を読むと、後にこのような俳優になったことに納得がいく。


題名の『宇宙パトロール』は、66年からテレビで放映された西ドイツの人気SFシリーズ。




(次ページへ続く)
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

Editor’s Note 編集長から