RSS

NYT Magazineから

[第10回]姉が「ふるさと」と呼んだ難民キャンプの、いま




去年の春、姉のマーヤンが11年ぶりに僕たち家族に会いに来てくれた。僕たちは25年前にソマリアの紛争から逃れてきて以来、ダダーブ(ケニア)の難民キャンプに住む。僕は21年前にここで生まれた。姉は、僕が9歳だった2005年、アメリカに受け入れ先を見つけ、夫と息子とともに移住していった。僕たちも移住の対象だったけれど、理由もわからないままに保留にされている。もうすぐ行くからといいながら10年間離れ離れ。とうとう姉のほうから会いに来てくれたのだった。


ネット上では連絡を取り合っていた。姉の文面にはよく、彼女もかつて暮らした地区「A4」への郷愁がにじんでいた。ノートでもコピー用紙でも、A4と見ればここでの生活を思い出していたという。マーヤンにとっては今でもA4地区がわが家なのだろう。僕はまだ幼かったから、彼女はいつも謎めいた存在だった。ほどけたビーズのように散らばった思い出を、僕は拾い集めようとした。

…続きを読む

この記事の続きをお読みいただくためには、購読手続きが必要です。
GLOBE総合ガイド
  • ログインする
  • ご購読申し込み

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル(フルプラン)」を購読済みの方は、ご利用のログインID・パスワードでGLOBEデジタル版の全てのコンテンツをお楽しみいただけます。「ログイン」へお進みください。
朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示